大人の巣ごもりは見逃したドラマと映画で十分楽しめる!自粛疲れもなし

スポンサーリンク

日本全国、新型コロナウイルスの影響で自粛自粛のムードが漂っていますね。

連休だろうが、天気が良かろうができるだけ外出を控えて家に居なければなりません。

何のために!?

この基本が分かっていない人たちがまだまだいることが残念でなりませんね。

ひとつはもちろん、自分自身のため。

あなた、コロナに感染したいですか!?

志村けんさんや岡江久美子さんが新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなったことは記憶に新しいですよね。

70歳、60歳を超えていたから!?

いやいや、若い人でも重症化すれば命の危険があることは早くから報じられています。

それでも無謀な外出を続けますか!?

もうひとつは、自分の周りの人たちに感染させないためです。

自分がもし感染していれば家族や周囲の人たちに感染させる恐れがあるのですよ。

このことを理解していない人があまりにも多いんですね。

だからマスクもせずスーパーに出かけたり、パチンコ店に出入りしたりするのですね。

恐ろしいことです。

コロナ自粛|サラリーマンは時間の潰し方を知らない

さて、今や会社も在宅勤務テレワークを勧めたりしてサラリーマンも平日、自宅で過ごすことが多くなりました。

そうなると時間つぶしがなかなか難しくなってくるんですよね。

ああ、もしコロナに感染したかなと思ったらこちらもご覧ください。

サラリーマンとコロナ!会社への連絡や対応は!?休業補償は受けられる!?

で、もちろん在宅勤務である以上は、勤務時間は仕事をしなければなりません。

しかし、通勤時間もなく、基本在宅勤務なら残業もありません。

そうすると余暇時間がかなりできるんですよね。

子供が小さいご家庭なら子育てや奥さんの家事手伝いをすることで“やるべきこと”もあるでしょうが、40代以上の世代になると時間つぶしに困ってきたりします。

家事手伝いはそこそこやるとして外(ほか)の時間はどうします!?

趣味があればそちらに時間を割くのも良いでしょう。

また、この際ですから資格を取るために勉強するのも良いでしょう。

前向きな方はそういった有効な時間の使い方ができるでしょうね。

しか~し、筆者みたいなもともと横着で自堕落な生活をしている人は

「何をしていいかわからない。」

と意外に悩んだりすることも多いんですよね。

でもこんな方もいますよ。

コロナの影響でパチンコに行かなくなった。夕方から夜までの過ごし方が充実

この際ビデオや映画三昧に明け暮れる

筆者の唯一の趣味と言えば読書です。

ええ、本は結構読みますよ。

と言ってもミステリー系、サスペンス系などの本当に暇つぶしの本ばかりです。

学術や専門書などはほとんど読みません。

年間50冊くらい読んでいますけどそれも正直飽きてきたんですよね。

そこで最近はドラマや映画を観て時間を潰しています。

もちろん映画館には行けませんから自宅でビデオ鑑賞です。

しかし、DVDを借りに行くといってもTSUTAYAなどのレンタルショップも“三密”状態になりやすいですから行き難いですよね。

そこで筆者はもっぱらAmazonプライムビデオを利用しています。

これが結構凄いんです。

今やすっかりハマってますよ!

知らないドラマや映画がいっぱい

いや~、仕事ばかりしていたら知らないことってたくさんありますね。

Amazonのプライム会員に登録したら無料で見られるドラマや映画が無限(とは言いませんが、ほぼほぼそんなイメージで)にあるんです。

なかでも感心したのはWOWOWドラマですね。

1話1時間で5~6回シリーズで完結っていう作品がたくさんあって観始めたら止まりませんよ。

シリーズ分を一晩で観てしまうとか、普通にあります。

眠いです^^

筆者はWOWOWには加入していませんので、これまでWOWOWのドラマは観たことがありませんでした。

でもAmazonプライムなら見放題なんです。

いや~、質の良いドラマが多いですね。

こんな見応えのある作品が

例えば上川隆也さん主演の「テミスの剣」という作品があります。

刑事・渡瀬(上川隆也)はベテランの先輩刑事・鳴海(高橋克実)とある殺人現場へ急行し容疑者・楠木(中村倫也)を連行する。連日、楠木に対し、鳴海による厳しい取調べが行われ、辰也(伊東四朗)ら両親が訪れても面会を許さないほどだった。楠木は一度自白するも後に覆し、下された死刑判決を控訴する・・・

というあらすじです。

これは面白かったですよ。

上川さんの刑事としての苦悩ぶりが良く描かれていたと思います。

そして

大泉洋さん主演の「プラチナタウン」も面白かったですね。

エリート商社マンから故郷の町長に転身、町の再建に取り組むという物語です。

舞台は高齢化が進む上に巨額の負債を抱える地方の町。そこを、高齢者が集まり思い思いに暮らせる“プラチナタウン”に変身させようという、夢のプロジェクトに挑む人々の姿を描いています。共演は檀れいさん、渡部篤郎さん、柄本明さんという豪華な顔ぶれです。

反対派あり、苦難ありの連続ですがいつからか賛同者も増えてプロジェクトは一歩ずつ進んでいくという物語です。

ストーリーから池井戸潤氏の原作かと思いましたが、楡周平氏でした。

楡周平氏と言えば「Cの福音」や「猛禽の宴」などで知られる人気作家ですね。

これら作品が5~6回のシリーズで放送されていたんですね。

それを一気に観ようというのですから・・・眠れません。

映画にしても今まで観たいと思いながらついぞ観る暇もなくいつの間にか忘れていた作品が数多くあります。

それらを思い出しながら選んでいたら選ぶだけでも楽しく時間が過ぎるのを忘れてしまうほどです。

あれも観たい、これも観忘れていたと思うともう毎日が映画三昧、ドラマ三昧です^^

年間4,900円(税込み)または月額なら500円(税込み)でAmazonプライム会員になれば追加料金なしで会員特典対象の映画やドラマ、アニメ、Amazon Original 作品が見放題なんです。

おまけに30日間は無料体験できるんですね。

詳しい内容はこちらから。お試しだけっていうのもありです。

  ↓   ↓   ↓   ↓

そして一旦登録しておけば作品名の左肩に「prime」と入っている作品は見放題なんです。

もうついつい観てしまいます。

その他に会員特典として

・豊富な品揃えを最短翌日に無料でお届け

・Prime Reading 小説、ビジネス本、実用書、マンガ、雑誌、洋書など、幅広いジャンルの読みものを無料でダウンロード

・Prime Music 200万曲が聴き放題

等のサービスもあります。

筆者は何と言っても映画、テレビ番組見放題サービスですけどね。

これで“巣ごもり“も何とか凌いで行けそうです。

早くコロナ禍が終息することを祈りつつ。

関連コンテンツ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加