生田斗真、清野菜名と結婚!瑛太との共演「友罪」は名作ですよ。

生田斗真さんと言えばジャニーズ事務所では珍しい俳優業一本の方です。

2019年の大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」にも出演し、金持ちで足が速いスポーツマンを上手く演じていましたね。

2020年には女優の清野菜名さんと結婚しました。

なんでもドラマ「ウロボロス〜この愛こそ、正義。」での共演がきっかけだったらしいですよ。

生田斗真さんは俳優としても着実に実力を付け、各方面の監督さんから引く手あまただとのことです。

その中から筆者が名作と思う作品をひとつ紹介しましょう。

こんな見応えのある作品が

 

【Amazonプライム・ビデオ】では例えば映画で生田斗真さんが出演している「友罪」という作品があります。

Amazonプライム・ビデオ

ある町工場で働き始めた、元週刊誌ジャーナリストの益田と、自らの経歴を一切語らない鈴木。
 
年齢以外の共通点は何もないふたりだが、同じ寮で暮らすうちに友情を育ててゆく。
 
そんななか児童殺害事件が起こり、17年前に日本中を震撼させた凶悪事件との類似性が囁かれる。
 
当時14歳だった犯人の少年Aはすでに出所していて、今度も彼の犯行ではないかというのだ。
 
ネットに拡散していた少年Aの写真を見た益田は愕然とする。
そこには鈴木によく似た少年が写っていた。
 
驚きと疑問に突き動かされ、調査を始める益田。
 
それは、17年前に犯した“自らの罪”と向き合うことでもあった。
 
一度は人生を捨てたふたりの過去と現在が交錯し、止まっていた時計が激しく動き始める。
それはまた、ふたりに関わる人々の人生も大きく動かすことになる――。
 
(C)薬丸岳/集英社 (C)2018 映画「友罪」製作委員会
 
 

というあらすじです。

出演は生田斗真さん、瑛太さん、他に夏帆さん、山本美月さん、坂井真紀さん、富田靖子さんら多彩な顔ぶれです。

原作は薬丸岳氏の小説で、題材は30代以上の方ならよくご存知のあの「事件」です。

筆者は原作を先に読んだのですが、不覚にも涙してしまいました。

そしてこの映画を観たとき、また不覚にも・・・

機会があればぜひご覧ください。

Amazonプライム・ビデオにはこのような話題の映画やドラマがたくさんあるんですね。

それを一気に観ようというのですから・・・眠れません。

他の映画、ドラマにしても今まで観たいと思いながらついぞ観る暇もなくいつの間にか忘れていた作品が数多くあります。

それらを思い出しながら選んでいたら選ぶだけでも楽しく時間が過ぎるのを忘れてしまうほどです。

あれも観たい、これも観忘れていたと思うともう毎日が映画三昧、ドラマ三昧です^^

30日間は無料体験できるのでお試しだけっていうのもありです。

詳しい内容はAmazonプライム・ビデオをご覧ください。

そして一旦登録しておけば作品名の左肩に「prime」と入っている作品は見放題なんです。

もうついつい観てしまいます。

筆者はもっぱら日本の映画やTVドラマを鑑賞していますが、もちろん洋画やアニメ、海外ドラマ、ミュージックもあります。

本当に観たいものを全部観ていたら時間がいくらあっても足りません^^

知らないドラマや映画がいっぱい

ところでコロナの関係で新しい生活様式なるものが提唱されて家に居る時間が長くなりましたね。

皆さん、どうやって時間を過ごされていますか!?

こんな状況になるまでは筆者も相当な仕事人間でした。

いや~、仕事ばかりしていたら知らないことってたくさんありますね。

家に居ることが多くなって何か楽しみを見つけなくっちゃと思っていたらこんな感じで昭和のテレビっ子の欲求を満足させるサービスに行き着きましたよ。

Amazonプライム・ビデオのサービスに登録したら無料で見られるドラマや映画が無限(とは言いませんが、ほぼほぼそんなイメージで)にあるんです。

なかでも面白いと思ったのはWOWOWドラマですね。

1話1時間で5~6回シリーズで完結っていう作品がたくさんあって観始めたら止まりませんよ。

シリーズ分を一晩で観てしまうとか、普通にあります。

眠いです^^

筆者はWOWOWには加入していませんので、これまでWOWOWのドラマは観たことがありませんでした。

でもTSUTAYAなら見放題なんです。

いや~、質の良いドラマが多いですね。

あ、ご興味があればWOWOWへもどうぞ。

巣ごもりはビデオや映画三昧に明け暮れる

もともと筆者の唯一の趣味と言えば読書です。

ええ、本は結構読みますよ。

と言ってもミステリー系、サスペンス系などの本当に暇つぶしの本ばかりです。

学術や専門書などはほとんど読みません。

年間50冊くらい読んでいますけどそれも正直飽きてきたんですよね。

そこで最近はドラマや映画を観て時間を潰しています。

映画館にはなかなか行けませんからもっぱら自宅でビデオ鑑賞です。

しかし、DVDを借りに行くといってもレンタルショップも“三密”状態になりやすいですから行き難いですよね。

そこで筆者はもっぱらAmazonプライム・ビデオを利用しています。

いまやすっかりハマってますよ!

これで“巣ごもり“も何とか凌いで行けそうです。

早くコロナ禍が終息することを祈りつつ。

関連コンテンツ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加