「 注目のテレビ番組 」一覧

王様のブランチ!BOOK(本)ブックランキング今週放送分

毎週、王様のブランチで紹介されている本は気になりますね。

今、どんな本が読まれているのか、同世代の人たちはどんな本に関心があるのか。

今日の「王様のブランチ」を見逃してしまったあなたに本日のランキングとおすすめ本をお届けします。

「BOOK」コーナーの時間は毎週11時30分ごろですよ。

 

ちなみに

王様のブランチ映画ランキングはこちら

です。

 

2021.11.27王様のブランチ「BOOK」ランキング

本日、紹介されていた本は原田愛さんの『別れない理由』でしたね。

原田愛さんって覚えておられます!?

不倫騒動を起こした俳優・原田龍二さんの奥さんで

「原田、アウト!」

っていう名言を吐かれた女性ですね。

 

その彼女が「別れない理由」を語ったのがこちらです。

 

 
いや~、いい奥さんじゃないですか。
離しちゃダメでしょ。
 
 
さて、ランキングは以下です。
 
1.同志少女よ、敵を撃て  逢坂冬馬
2.翼の翼  朝比奈あすか
3.誰でも確実に美文字になる るいとも練習法  川南富美恵
4.ネイティブなら12歳までに覚える 80パターンで英語が止まらない!  塚本亮
5.古代中国の24時間 秦漢時代の衣食住から性愛まで  柿沼陽平
6.最強脳 —『スマホ脳』ハンセン先生の特別授業—  アンデシュ・ハンセン(著)、久山葉子(訳)
7.ノラネコぐんだん ラーメンやさん  工藤ノリコ
8.老人支配国家 日本の危機  エマニュエル・トッド
9.残照の頂 続・山女日記  湊かなえ
10.1分ヘア革命 読むだけで髪の悩みが消える本  AYAMAR(柴田 紋奈)
 
 
やはり湊かなえさんの本は気になりますね。

 
通過したつらい日々は、つらかったと認めればいい。たいへんだったと口に出せばいい。そこを乗り越えた自分を素直にねぎらえばいい。そこから、次の目的地を探せばいい。
幅広い層に支持されたベストセラー、待望の第2弾です。

2021.11.20王様のブランチ「BOOK」ランキング

先々週の記事でもご紹介した辻村深月さんが対談ゲストでした。

こちらの怖くて面白い本を紹介されてましたね。

 

ランキングは以下です。

1.おおあんごう  加賀翔

2.乃木坂46 寺田蘭世1st写真集 なぜ、忘れられないんだろう?  集英社クリエイティブ

3.米澤屋書店  米澤穂信

4.あなたのための短歌集  木下龍也

5.闇祓  辻村深月

6.ルーティーンズ  長嶋有

7.浜辺美波写真集 20  講談社

8.君の名前の横顔  河野裕

9.変な家  雨穴

10.残照の頂 続・山女日記  湊かなえ

 

さて、1位に聞き捨てならない作品が入っていますね。

「おおあんごう」

って思いっきり岡山弁ですよ。

 

意味は「あんごう」が関西で言う「阿呆」でしょうか。

それに「おお」が付くので「大あほう」、標準語風に言うと「大馬鹿野郎」ぐらいでしょうか。

 

岡山では

「あんごうじゃの~、オメーは。」

とか「このおおあんごうが!」

とかいう使われ方をします。

 

愛情が100のうち1か2ほど入ったようなニュアンスでしょうか。

 

で、このタイトルの小説を書かれたのだが岡山県生まれで「かが屋」というお笑いコンビを結成している加賀 翔カガ ショウ)さんという方だそうです。

ハッキリ言って知りませんでしたが、岡山弁を前面に出す小説なんてめったにお目にかかりませんから読んでみたいですね。

「この父親なのめちゃめちゃたいへんじゃの!」
岡山の田舎の小さな町。
細いゴリラのような父に振り回され、
繊細な心を削られて生きるぼく。
凛とした母、ふんわりしたおばあちゃん、無二の親友。
痛みと悲しみは「笑い」に変わり、いつか「夢」を運んできてくれる。

 

 

それにしても岡山弁がブームですね。

上白石萌音さん主演の「カムカムエヴリバディ」、新進気鋭のシンガーソングライター藤井風さん、そして岡山弁のメジャー化に貢献している千鳥のお二人。

 

今、きてますねー、岡山弁!

岡山県人の筆者はこちらで基本を説明していますよ。

岡山弁の基本

そして藤井君の「ワシ」で有名になった

岡山弁の1人称、2人称

についても語っています。

 

ご興味があればどうぞ。

 

2021.11.13王様のブランチ「BOOK」ランキング

本日は2021本屋大賞でノンフィクション本大賞受賞作が紹介されていました。

琉球大学教育学研究科教授で沖縄問題を取り上げる上間陽子さんの「海をあげる」です。

 

沖縄大好き!っていう人は世の中に多くいるわけですが、沖縄の青い海に隠された闇を知っている人はどれでけいるでしょうか。

 

ページをめくるごとに淡々と凛とした文章でつづられた
上間さんの想いが胸に降り積もっていき、最後まで読み終えたとき、
タイトルの意味を理解して呆然としました。

沖縄に真摯に向き合ってみたいものです。

 

ランキングは以下です。

1.ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー2  ブレイディみかこ

2.月夜の森の梟  小池真理子

3.星を掬う  町田そのこ

4.ムスコ物語  ヤマザキマリ

「国籍?いじめ?血の繋がり?受験?将来?は?なんだそりゃ。

「テルマエ・ロマエ」で有名なヤマザキマリさんの独特な子育て術。必見です。

 

5.むき出し  兼近大樹

6.ペッパーズ・ゴースト  伊坂幸太郎

7.フェイクフィクション  誉田哲也

8.あたしンちSUPER 第1巻  けらえいこ/ママレード・カンパニー

9.パンダと犬V NFTデジタル特典付き特装版  スティーヴン★スピルハンバーグ

10.どうやら僕の日常生活はまちがっている

 

2021.11.6王様のブランチ「BOOK」ランキング

 

遅まきながら「アリバイ崩し承ります」を観た身としては、1位の浜辺美波写真集が気になります。

 

笑顔が何とも言えず可愛いですね。

 

1.浜辺美波写真集「20」  峠雄三(撮影)

2.闇祓  辻村深月

3.夜が明ける  西加奈子

4.むき出し  兼近大樹

5.100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集  福井県立図書館(編)

6.「最初の男」になりたがる男、「最後の女」になりたがる女  関口美奈子

7.むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました。  青柳碧人

8.どうやら僕の日常生活はまちがっている  岩井勇気

9.聖域  コムドット やまと

10.傘のさし方がわからない  岸田奈美

 

2位の辻村深月さん「闇祓」ですが、怖くて面白いですよ。

ちなみに「やみはら」と読むんですね。

 

辻村さんと言えば『凍りのくじら』や『ツナグ』で文学賞を受賞している人気作家です。

そんな彼女が初の本格ホラーミステリ長編に挑みました。

 

「うちのクラスの転校生は何かがおかしい――」
クラスになじめない転校生・要に、親切に接する委員長・澪。
しかし、そんな彼女に要は不審な態度で迫る。

 

 

一気読み間違いなしですね。

 

2021.10.30王様のブランチ「BOOK」ランキング

 

偶然でしょうか。

1位、2位は「夜」ものですね。

 

直木賞作家の西加奈子さんが5年ぶりに発表した長編小説「夜が明ける」は、思春期から33歳になるまでの男同士の友情と成長を描いた考えさせられる作品です。

 

 

2位の渋谷直角さんの「世界の夜は僕のもの」は90年代の東京を舞台にした最新漫画です。

当時を生きた若者たちの夢や恋愛、友情を綴った、懐かしくそして新しい連作短編集です。

 

 

ランキングは以下です。

 

1.夜が明ける  西加奈子

2.世界の夜は僕のもの  渋谷直角

3.変な家  雨穴

4.聖域  コムドット やまと

5.純猥談 私もただの女の子なんだ  純猥談編集部(編)

6.山田孝之 朗読CD付き詩集 『心に憧れた頭の男』  山田孝之(作・朗読)

7.明け方の若者たち  カツセマサヒコ

8.長い夜の国と最後の舞踏会 1 〜ひとりぼっちの公爵令嬢と真夜中の精霊〜  桜瀬彩香

9.どうやら僕の日常生活はまちがっている  岩井勇気

10.ペッパーズ・ゴースト  伊坂幸太郎

 

2021.10.23王様のブランチ「BOOK」ランキング

今週は文芸ランキングということで5位までですね。

 

2位の「きれはし」は女性ピン芸人のヒコロヒーさんのエッセイですね。

 

やさぐれ芸人として人気急上昇中のヒコロヒーさんの思いとは何でしょうか?

興味深いですね。

 

1.民王 シベリアの陰謀  池井戸潤

2.きれはし  ヒコロヒー

3.ミカエルの鼓動  柚月裕子

4.ペッパーズ・ゴースト  伊坂幸太郎

5.N  道尾秀介

 

3位の「ミカエルの鼓動」も注目ですよ。

柚月裕子氏が描く渾身の医療サスペンスです。

難病の少年の治療方針をめぐって、手術支援ロボット「ミカエル」を推進する心臓外科医・西條と天才外科医・真木は対立する。

この者は、神か、悪魔か――。

 

 

読み始めたら止まりません・・・。

 

2021.10.16王様のブランチ「BOOK」ランキング

池井戸潤氏、来ましたね~。

2位の「民王 シベリアの陰謀」面白いです。

 

 

マドンナ大臣と総理のバカ息子、二人に憑りついた謎のウイルスとは!?

 

出せば当たりますね。

池井戸作品はテーマが分かりやすく読みやすいですから良いですね。

 

ランキングは以下のようになっています。

 

1.ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー2  ブレイディみかこ

2.民王 シベリアの陰謀  池井戸潤

3.進め! 僕の姉ちゃん  益田ミリ

4.倒産続きの彼女  新川帆立

5.ペッパーズ・ゴースト  伊坂幸太郎

6.聖域  コムドット やまと

7.ポップス歌手の耐えられない軽さ  桑田佳祐

8.どうやら僕の日常生活はまちがっている  岩井勇気

9.透明な螺旋  東野圭吾

10.砂に埋もれる犬  桐野夏生

 

2021.10.9王様のブランチ「BOOK」ランキング

 

1位にいきなり登場は伊坂幸太郎氏の「ペッパーズ・ゴースト」です。

少しだけ不思議な力を持つ、中学校の国語教師・檀(だん)と、女子生徒の書いている風変わりな小説原稿。
生徒の些細な校則違反をきっかけに、檀先生は思わぬ出来事に巻き込まれていく。

 

 

どこかクスッとさせつつ見事に伏線を回収していく伊坂ワールド前回の作品です。

ファンなら見逃せませんね。

 

ということでランキングは以下です。

 

1.ペッパーズ・ゴースト 伊坂幸太郎

2.ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー2 ブレイディみかこ

3.どうやら僕の日常生活はまちがっている 岩井勇気

4.民王 シベリアの陰謀 池井戸潤

5.聖域 コムドット やまと

6.NHK100分de名著 2021年10月 ヘミングウェイ スペシャル 都甲 幸治(講師)

7.おかあさんライフ。 毎日一緒におさんぽ編 たかぎなおこ

8.透明な螺旋 東野圭吾

9.週刊文春WOMAN 2021秋号 文藝春秋

10.NHK100分de名著 2021年9月 ル・ボン『群衆心理』 武田砂鉄(講師)

 

 

2021.10.2王様のブランチ「BOOK」ランキング

 

4位に注目作品が入っています。

 

プレオープン中に起きた銃乱射事件のため閉園に追い込まれたテーマパーク。

時を経て集められた廃墟マニア、そして事件は起こる。

 

この感覚は確かに新しいですね~。

 

ランキングは以下のようになっています。

 

1.ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー2  

ブレイディみかこ

2.週刊文春WOMAN

文藝春秋

3.透明な螺旋

東野圭吾

4.廃遊園地の殺人

斜線堂有紀

5.聖域

コムドット やまと

6.変な家

雨穴

7.100分de名著 ル・ボン「群衆心理」

武田砂鉄(講師)/NHK出版

8.BARFOUT!10月号

ブラウンズブックス

9.九十八歳。戦いやまず日は暮れず

佐藤愛子

10.いろいろ

上白石萌音

 

彼女の書下ろしエッセイですね。