「 生活 」一覧

日本一、移住先に人気がある長野県、その秘密を探ってみた

おすすめの移住地はこちら

長野県

 

長野県は面積の80パーセントが森林で自然豊かなところです。

昔から別荘地として人気のある軽井沢や歴史もある神社仏閣もあります。

県庁所在地は長野市であり、海に面していない内陸県の一つです。

冬季長野オリンピックの開催地でした。

長野県への移住はどういう点がおすすめ!?

元々、長野県軽井沢は外国人向けの別荘地として昔から有名でした。

夏は温度・湿度が低くて過ごしやすい気候だったので避暑地として人気がありました。

そのため、軽井沢付近では外国人向けの建築物が沢山残っています。

本州の中心地にあるので東京、大阪、名古屋などの大都市への交通アクセスも期待できます。

長野県が暮らしやすいところ

都市部に家を建てるとかなりの出費です。

何故なら、土地を購入するだけでも坪単位でかなりの差があるからです。

例えば、長野県では東京より十分の一くらいで土地が購入できるところもあります。

その結果、長野県のマイホームを保有している家庭の割合は高いです。

賃貸住宅でも家賃相場が安いと言われています。

自然豊かで観光地として人気が高い

長野県は森林の多いところです。

夏場はキャンプにカヌー遊びそれに登山、トレッキングなどアウトドアな生活を楽しむことができます。

冬はやはり、ウィンタースポーツでしょう。

スキーにスノボー、スケートなどを楽しんだ後は温泉でまったり。

長野には沢山の温泉があり、観光地としても有名です。

温泉地からゲレンデにゲレンデから温泉地に行けるのも長野のいいところです。

長野には美味しいものが沢山ある

長野といったら「やっぱり、そば」が挙げられるでしょう。

長野は広大な盆地なので、農業が盛んにおこなわれています。

山に入れば山菜やきのこなどの恵みが堪能できます。

果実のラインアップも充実しています。

りんご、もも、すいか、ブルーベリー、さらに最近、話題のシャインマスカットなどです。

信州といったらワインも有名です。

ということは、美味しいぶどうも栽培しています。

その美味しいぶどうを使ってワイン作りも盛んにおこなわれています。

長野県に移住するメリットとは

長野といえば、どんなイメージがありますか。

大抵の人が「山に囲まれた自然豊かなところ」と言うはずです。

それでは長野に移住するメリットはどこにあるのでしょう。

長野市、松本市、上田市といった主要都市には商業施設が揃っています。

新幹線も北陸新幹線が長野、上田に駅があります。

特に松本の街は城下町なので歴史情緒のある建物があり、散策するのも楽しいです。

長野県に移住するデメリット

長野は避暑地としても有名な軽井沢があります。

夏場が涼しいから避暑地として人気があるということは冬はかなり寒いです。

雪もがんがん降って冬場は交通アクセスに支障がでてきます。

実際、新幹線も吹雪になれば運行できません。

特に山間部は降雪量が半端なく凄いので雪かきが大変です。

家の雪かきどころか、道路も雪に埋もれてしまいます。

ただし、こんなに雪で大変な目に遭う地域なので公共の交通での雪の対応がしっかりしています。

なので、少しくらい雪がふってもダイヤの乱れはありません。

それでもどかどかと雪が降って降雪作業が追い付かないこともあります。

ガソリン代が気になる

最近、ガソリン代が高騰しています。

別に自動車やバイクなどを持っていなければガソリンの高騰は気になりません。

都心部に比べて公共交通の本数が少ないことです。

場所によっては一時間にバスが一本か二本です。

電車も全て、各駅停車ではありません。

何が言いたいかと言うと、長野で生活するなら場所によっては車が必要だということです。

車には燃料であるガソリンが必要です。

他には車を維持するためにタイヤ・オイル・エレメントといった消耗品が必要です。

最後に

長野県が提供する空き家等活用情報システムです。

長野県の空き家情報

 

移住先として日本一の人気の高い長野。

人気が高いのにはそれぞれ理由があります。

いずれににしても移住する前にメリットとデメリットはしっかり確認しておくことが重要です。

 

他にもおすすめの移住地を探してみました。

岩手県宮古市

福岡県

長崎県五島市

長野県