「 父の日 ひまわり プレゼント 」一覧

父の日にひまわりを贈るのはなぜ?合わせて喜ばれるプレゼントは!?

昔から母の日には赤いカーネーションを贈る風習が根付いており、毎年母の日が近くなると花屋さんが賑わいます。

保育園や幼稚園、小学校でも母の日はカーネーションを嬉しそうに持って帰る子供たちの笑顔がいっぱいですね。

一方、父の日にはどの様な花を贈ったら良いのかをご存知ない方が案外います。
そもそも父親に花なんて贈るの!?と思っていらっしゃる方も多いようですね。

でも結構以前から父の日にはひまわりを贈っているのですよ。

ですのでただ父の日だからと言ってひまわりの花を贈るだけでなく、できればどうしてなのか?と言う理由をきちんと分かっていた方が意味のある父の日となると思いますので是非今回の記事をご参考にして頂ければと幸いです。

【どうして父の日にはひまわりを送るのが良いのか?】

ではどうして父の日には昔からひまわりを贈る文化が根付いているのか?
と言う事についてご説明をさせていただきます。

ひまわりと言うのは数あるお花の種類の中でも、その見た目からも分かる様に色や形がとっても親しみ易い印象を私達に与えてくれます。

先ず第1印象が黄色くて大きく花びらを広げている花だと言う事が言えます。
ですのでまるで父親が寛大な気持ちで家族を迎え入れてくれる様な姿を連想させるべく、花言葉と致しましては『憧れ』や『敬慕』の意味が含まれているのです。

これらの理由からもひまわりは父の日にとても相応しい花だと言われております。
そしてバラやユリに比べると豪華なイメージが無くて一般的にも親しみ易い事より父親に対して気軽に贈る事ができると言う事も言えます。

因みにひまわりは広大なひまわり畑ですくすくと育つ大ぶりな花のイメージがありますが、その中でも鉢植えで育てられる小ぶりな品種もありますので是非父の日に検討してみると良いでしょう。

【ひまわりと合わせて送りたい父の日ギフト】

ひまわりと合わせて父の日に贈りたいプレゼントですが、先ず父親が現役でバリバリ働いている場合には『名前入りのギフト』がお勧めです。

特別なプレゼントには名前を入れる事によってもらった方も印象深く、最近では色々なグッズに名前やメッセージを入れる事が出来ます。

例えばボールペンや名刺入れ、ネクタイやワイシャツなどいつも身につけたり持ち運んでいる物に対して名前を入れればきっと父親も家族の事を思い出すに違いないでしょう。

また既にお仕事をリタイヤされている場合には美味しい物を食べて疲れを癒してもらう事がお勧めと言う事もあり『霜降り牛肉』を贈呈する事も流行っております。

特にすき焼きセットやステーキ、焼肉専用にセレクトされた高級なお肉を取り寄せてご自宅でご家族で皆んなで食べる事がお父様にとって幸せなひと時になる事は間違いないでしょう。

そして海産物についてもマグロやカニなどの高級食材が人気があります。

その他にも日持ちする加工食品として魚の干物やオイル漬け、水産加工品、ハム、ベーコンなどは一般的に好まれる父の日プレゼンと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
普段は寡黙でなかなかコミニュケーションを取りにくい父親でも父の日にひまわりとプレゼントをあげる事で絶対にその気持ちが届く事は間違いないでしょう。

プレゼントは形に残る物でも良いですし食卓を囲む物でも父親の好みを考えて選んでみると良いでしょう。

でも、家族からのプレゼントであれば父親は何でも嬉しいものです。
あまり堅苦しく考えず気楽に考えてみてはいかがでしょうか。

それにしても母の日の華やかさに比べて、父の日がいまひとつ地味なイベントであることは否めませんね。

普段からもう少しお父さんのことを思い遣ってあげてみてはいかがでしょうか。

きっとお父さんにとってはその何気ない気遣いこそが一番嬉しいのではないでしょうか。