「 車凍結 」一覧

車のフロントガラス凍結防止は100均でもできる!只の方法も!

地域にもよりますが、日本の冬の朝は寒いですね。
当たり前ですが。

で、冷え込んだ朝には車のフロントガラスが凍ってしまって大変な思いをすることが多いですね。

そうでなくても朝の忙しいところへフロントガラスの凍結を溶かす作業が加わります。
大変ですね。

 

そこで凍結を防ぐための方策をいろいろ試してみましたので報告します。

凍結防止シートを100均で購入し使用

オートバックスなどのカー用品店で探せば実際、車のカバーは売っていますが結構なお値段がします。

そこで100均のダイソーに行ってみました。

 

何か、代わりになるものはないかと・・・

まあ、あるっちゃありますね。

保温やレジャー用のアルミシートです。

 

サイズはいろいろあるのですが、2~3人用の約90cm×170cm、大きいサイズであれば180cm×180cm、200㎝超えのものもあります。

フロントガラスの大きさに合わせて購入されると良いでしょう。

 

セリアやキャンドゥでも100均で豊富にサイズが揃ってますので探してみられてはいかがでしょうか。

 

装着方法としては両側のドアに挟む、ですね。

もしくは、

①シートの右端に穴をあけ、そこにゴム紐を通す

②左側にも穴をあけゴム紐を通す。

③両方のゴム紐をサイドミラーに引っ掛ける。

車の顔面にマスクを掛けてやるような感じで装着します。

 

これを夜にセットしておけばかなり凍結防止になります。

これで朝の解氷というルーティンワークから解放されれば安いもんです。

朝日の方角にフロントを向けておく

次に、お金を掛けずに凍結防止する策です。

 

朝日が差し込む方向に車のフロントを向けておくと、自然解氷できますよ。

 

あまりにも早朝に出勤する場合は無理ですが、1時間ほど日光に当てられればかなり違います。

 

また、壁やブロック塀に向かってフロントが来るように駐車していればほとんど凍結しません。
水分の付着を防いでくれるからです。

 

同じ理屈で屋根付きの駐車場であれば凍結しませんね。

 

屋根がなければ上記のような方法を取ってみられてはいかがでしょうか。

毛布、ダンボール、新聞などを掛けておく

これらもそれなりに効果があるようです。

 

ただ、固定するのが難しいかもしれません。
難しいと言うより手間が掛かると言った方が正しいかもしれませんね。

 

新聞紙の場合、風が大敵でしょう。
どこかに飛んで他人に迷惑を掛けることもあるかもしれませんから注意が必要です。

 

ダンボールの場合、やはり固定するのが難しいですね。
ただ、ピチッと固定できればかなり効果が期待できます。

 

毛布の場合は効果もありますが、吸い取った水分が逆に凍結してしまい、フロントガラスに張り付いたようになってしまう場合があります。

 

どれも一長一短というところでしょうか。

 

予防という意味では雨粒をはじくコーティング剤を付けるという方法もあります。
完ぺきではありませんが凍り難くはなります。

凍結してしまったフロントガラスを楽に解氷する方法

できれば完璧な方法で凍結防止したいところですが、それでも凍ってしまうことはあります。

そんな場合には次に、できるだけ早く楽に解氷する方法を採りましょう。

 

一番手っ取り早いのはお湯を掛けることですが、これも注意が必要です。

ガラスの素材とお湯の温度にもよりますが、熱過ぎるお湯を掛けると熱膨張でガラスが破損する恐れがあります。

40°位なら問題ないと思われますが、今度は気温が低いと解凍したそばからまた凍結するという事態に陥ってしまいます。

 

ぬるま湯を2~3回掛けて完全に解氷するという方法が良いでしょう。
ただし、時間に余裕があればですが。

 

問題は駐車場が離れている場合ですよね。

自宅敷地に駐車場があれば問題ありませんが、有料駐車場などを借りている場合、自宅からかなり離れている場合もありますよね。

 

そんな場合は少々荷物になりますが、ペットボトルにお湯を入れて持って行くという方法を採らざるを得ません。

500mlを2本か、1lを1本くらい準備しておけば十分ではないでしょうか。

使ったペットボトルはそのまま車の中に入れて、晩にまた持って帰ります。

 

スタンダードな方法としてはエンジンスターターを使い、乗車する10~15分前にエンジンをかけるという方法ですね。
暖房を入れて送風をフロント側にしておけば意外と早く溶けます。

 

また、ウォッシャー液を出してワイパーを動かすという方法も効果的です。

水ではだめですよ。ウォッシャー液です。

 

あとは、解氷スプレーをかけて溶かす方法ですがお金がかかります。
しかし、お金とアルコール分さえ気にしなければかなりの効果が期待できます。

 

100均で材料をそろえて解氷スプレーを自作するという方法もあります。

エタノール、ボトルですね。

エタノール3に対して水1の割合で混ぜます。

完成です。

参考になる動画がありましたので紹介します。

(by赤ペソ先生)

 

 

冬の寒い朝、フロントガラスの解氷は大変ですが、安全に運転するためには必要なことです。

今年の冬もめげずに頑張りましょう!