「ホンマでっか!?TV」ブーツの臭いニオイを消す方法!足の臭い対策も大事ですよ

11月20日の明石家さんまさんの「ホンマでっか!?TV」でも紹介されましたね。

足が臭くてブーツが脱げない女性の悩みは深刻なようです。

女性は皆さんオシャレを先取りされますよね。

最近は9月下旬ごろにはブーツ姿の女性を見かけることもあります。

 

さすがにまだ早いでしょう!?

暑いんじゃないですか!?

と疑問を投げかけたくなるのはオジサンの時代的感覚でしょうか。

ブーツのニオイに参ってしまった思い出

仕事で知り合った超美人のウェブデザイナーさんがいます。

 

ある初冬の晩、数人で懇親会をすることになりました。

気取らなくても良いように、気軽お手軽な居酒屋に予約を取り19:00集合としました。

 

そのとき10分ほど遅れてやってきた美人デザイナーさん
「ごめんなさい、遅れてしまって。」
とにこやかに笑顔を振りまきつつ座敷に上がって来られました。

 

ブーツを脱ぐのにちょっともたついておられましたが、その姿がまた可愛らしく色っぽくもあったので、私はしばらく鼻の下を伸ばしてデレ~っと見ていました。

 

私たちは手のひらを振りながら
「いや、全然々々、僕たちも今来たばかりですよ。」
などと言いながら彼女を歓迎しました。

 

そのとき入り口近くでデレ~っと彼女を見ていた私は何か異質なニオイを感じ取ってしまったのです。

そう、それは超美人さんのブーツのニオイだったのです。

ブーツの臭いの原因

元来、ブーツと言わず靴のニオイ、臭さに定評があるのは我々おっさんです。

家に帰って1日履いた革靴を脱いだときには自分ながら悪臭に鼻を塞ぐほどの衝撃を覚えるものです。

 

そんな現象から考察すると悪いのは革靴やブーツなのか、はたまた自分の足なのかという疑問が湧いてきます。

 

調べてみますとブーツのニオイの原因は雑菌の繁殖によるものなんですね。

ブーツは構造上どうしても湿気がこもり、放っておくと雑菌の巣窟になってしまうというわけです。

 

汗、垢、皮脂、これに菌が加わると悪臭が発生するというメカニズムのようです。
つまり悪臭がする場所には、大量の菌が発生している可能性が高いということになりますね。

ブーツは汗や湿気を取り除くことは不可能なので、菌を完全に殺すしか方法はありません。

 

ブーツのニオイには一日履いてたからとか、男性・女性による差は有りません。

足の清潔さをきちんと保持しているかどうか、もし水虫などに罹っていればきちんと治療したかどうかなどがニオイ菌の発生に関わってきます。

足そのものに臭う原因があれば男女問わず臭いますし、蒸れ易いブーツを履けばなおさら臭います。

女性の足が良い香りがすると感じるのはその方が体臭等に気を払い、コロンやパルファンを
付けているものと考えられます。

つまり臭い足の方は、男女問わず清潔管理が出来てないと言う事になります。

 

ブーツのニオイを消す方法

まあ、これが一発で解決すれば誰も苦労しないわけですがそこそこの方法はあります。

 

方法1

カビ止め&汚れ落としクリームもしくはスプレーが市販されているのでそれでとにもかくにも拭きまくるという方法です。

もちろん中も外もです。
それである程度汚れやカビが落ちたら今度は消臭スプレーをかけることです。

 

方法2

足のニオイを解消するにはニオイの元を断つということが必要です。

何よりも重要なのが足を清潔に保つことです。
足のニオイは足の汗と雑菌が原因ですからね。
清潔に保つことは水虫の予防にも繋がります。

そのために足用の石鹸を使うことはおすすめです。

通常の石鹸より強い殺菌作用があります。

また、酢の足浴も良いですよ。
酢を薄めたもので消毒すると雑菌は死んでしまうと言われています。

重曹のお湯に足を漬けると良いという報告もあります。

 

 

方法3

クリーニングに出すという手もありますが、取り敢えず古い歯ブラシを使って中に溜まっているゴミを綺麗に掃除して、アルコールで拭いて消臭剤をふり風通しのいい所に干してみましょう。

また、新聞紙を丸めてドライヤーの温風をあててから靴の中に入れるという方法もあります。
湿気がひどいようなら、何度か新聞紙を取り替えます。
ある程度湿気が吸い取れたら取り出して、ドライヤーの冷風で乾かしてみましょう。

いずれにしてもゴミ、雑菌の除去→乾燥という手順ですね。

殺菌のために10円玉(銅)と重曹をブーツに入れて置くと良いそうですよ。

ブーツのニオイは百年の恋も冷めさせる

本当に、ブーツを脱いだ足が”オヤジ”の足のように臭かったら百年の恋もいっぺんに冷めます。

これ、請け合いです。

 

オシャレには欠かせないアイテムだとは思いますが、女性の皆さん、くれぐれも気を付けてくださいね。

 

ポイントは

①ブーツのニオイ対策

②足そのもののニオイ対策

この両面を並行して行うことですよ。

頑張ってください。