当サイトはプロモーションを含みます

王様のブランチ!BOOK(本)ブックランキング今週放送分

注目のテレビ番組

毎週、王様のブランチで紹介されている本は気になりますね。

今、どんな本が読まれているのか、同世代の人たちはどんな本に関心があるのか。

今日の「王様のブランチ」を見逃してしまったあなたに本日のランキングとおすすめ本をお届けします。

 

「BOOK」コーナーの時間は毎週11時30分ごろですよ。

 

ちなみに

王様のブランチ映画ランキングはこちら

です。

 

スポンサーリンク
  1. 2024.4.13王様のブランチ「BOOK」ランキング
  2. 2024.4.6王様のブランチ「BOOK」ランキング
  3. 2024.3.30王様のブランチ「BOOK」ランキング
  4. 2024.3.23王様のブランチ「BOOK」ランキング
  5. 2024.3.16王様のブランチ「BOOK」ランキング
  6. 2024.3.9王様のブランチ「BOOK」ランキング
  7. 2024.3.2王様のブランチ「BOOK」ランキング
  8. 2024.2.24王様のブランチ「BOOK」ランキング
  9. 2024.2.17王様のブランチ「BOOK」ランキング
  10. 2024.2.10王様のブランチ「BOOK」ランキング
  11. 2024.2.3王様のブランチ「BOOK」ランキング
  12. 2024.1.27王様のブランチ「BOOK」ランキング
  13. 2024.1.20王様のブランチ「BOOK」ランキング
  14. 2024.1.13王様のブランチ「BOOK」ランキング
  15. 2024.1.6王様のブランチ「BOOK」ランキング
  16. 2023.12.23王様のブランチ「BOOK」ランキング
  17. 2023.12.16王様のブランチ「BOOK」ランキング
  18. 2023.12.9王様のブランチ「BOOK」ランキング
  19. 2023.12.2王様のブランチ「BOOK」ランキング
  20. 2023.11.25王様のブランチ「BOOK」ランキング
  21. 2023.11.18王様のブランチ「BOOK」ランキング
  22. 2023.11.11王様のブランチ「BOOK」ランキング
  23. 2023.11.4王様のブランチ「BOOK」ランキング
  24. 2023.10.28王様のブランチ「BOOK」ランキング
  25. 2023.10.21王様のブランチ「BOOK」ランキング
  26. 2023.10.14王様のブランチ「BOOK」ランキング
  27. 2023.10.7王様のブランチ「BOOK」ランキング
  28. 2023.9.30王様のブランチ「BOOK」ランキング
    1. 2023.9.23王様のブランチ「BOOK」ランキング
    2. 2023.9.16王様のブランチ「BOOK」ランキング
    3. 2023.9.9王様のブランチ「BOOK」ランキング
    4. 2023.9.2王様のブランチ「BOOK」ランキング
  29. 王様のブランチBOOKランキングアーカイブ

2024.4.13王様のブランチ「BOOK」ランキング

2024年本屋大賞が紹介されていました。

宮島未奈さんのデビュー作「成瀬は天下を取りにいく」ですね。

当サイトでも何度もご紹介しました。

強い信念のもと溌剌、元気に生きる女子中学生・成瀬に共感を覚えるのは同世代の人たちだけではありませんね。

あんな青春時代を送りたかった、そう思う大人は多いです。

さあ、読んでみましょうか。

 

 

ランキングはありませんでした。

 

スポンサーリンク

2024.4.6王様のブランチ「BOOK」ランキング

変な家シリーズ、売れてますね~。

ということでランキングです。

1.spring  恩田陸

2.変な家2 〜11の間取り図〜  雨穴

3.もう明日が待っている  鈴木おさむ

4.変な絵  雨穴

5.定食屋「雑」  原田ひ香

6.知りたいこと図鑑  みっけ

7.スピノザの診察室  夏川草介

8.変な家  雨穴

9.プレゼントでできている  矢部太郎

10.成瀬は天下を取りにいく  宮島未奈

 

今週のおススメ

 

 

スポンサーリンク

2024.3.30王様のブランチ「BOOK」ランキング

恩田陸さんの「spring」が紹介されていました。

バレエの天才と言われる少年を巡る物語です。

視点は4つ。

最後に主人公の視点から描かれた世界が衝撃的ですね。

 

 

バレエを文章で表現するって難しいですよね。

さすがプロの作家さんです。

 

ということでランキングです。

1.spring  恩田陸

2.変な家2 〜11の間取り図〜  雨穴

3.日向坂46デビュー5周年記念公式BOOK『H46MODE vol.1』  H46MODE編集部

4.成瀬は天下を取りにいく  宮島未奈

5.芸人沼から抜けられない。  児島気奈

6.変な絵  雨穴

7.変な家  雨穴

8.サロメの断頭台  夕木春央

9.しんがりで寝ています  三浦しをん

10.スピノザの診察室  夏川草介

 

おすすめ

 

 

スポンサーリンク

2024.3.23王様のブランチ「BOOK」ランキング

映画コーナーでも1位になっている「変な家」。

本とともに大ヒットですね。

 

 

ということでランキングです。

1.変な家2 11の間取り図  雨穴

 

2.風の中に立てー伊集院静のことば— 大人の流儀名言集  伊集院静

3.板上に咲く MUNAKATA:Beyond Van Gogh  原田マハ

4.電通マンぼろぼろ日記  福永耕太郎

5.そうです、私が美容バカです。  まんきつ

6.成瀬は天下を取りにいく  宮島未奈

7.変な家  雨穴

8.人生で大切なたったひとつのこと  ジョージ・ソーンダーズ/ 訳 外山滋比古 ・佐藤由紀

9.おっさんずラブ-リターンズ- シナリオブック  徳尾浩司

10.方舟を燃やす  角田光代

 

先日、お別れの会が催された伊集院静さんの

「風の中に立てー伊集院静のことば— 大人の流儀名言集」

が2位に入っていますね。

カッコいい大人の生き方をサラリと書かれています。

 

 

ホントにカッコいいですね。

 

スポンサーリンク

2024.3.16王様のブランチ「BOOK」ランキング

早見和真さんの小説「アルプス席の母」が紹介されていました。

シングルマザーの菜々子が高校野球に掛ける息子を必死に支える姿。

筆者・早見和真さんによる渾身の取材の結果明らかになった高校野球の闇・・・

やはりあったか、裏金問題、など興味深い内容も盛り込まれています。

そして最後は母の息子への思い、息子から母への感謝の思い、泣かせます。

 

 

ということでランキングです。

1.ここはすべての夜明け前 間宮改衣

2.変な家2 〜11の間取り図〜  雨穴

3.成瀬は天下を取りに行く 宮島未奈

4.シャーロック・ホームズの凱旋 森見登美彦

5.板上に咲く 原田マハ

 

1位の「ここはすべての夜明け前」はSFでありながら家族について深く考えさせられる純文学のような作品ですね。

自己流で家族史を書き始めたわたし。

それは約100年前、身体が永遠に老化しなくなる手術を受けるときに提案されたことだった・・・

 

 

スポンサーリンク

2024.3.9王様のブランチ「BOOK」ランキング

映画コーナーで紹介されていた「52ヘルツのクジラたち」ですが、原作本があります。

作者は町田そのこさん、2021年の本屋大賞受賞作品です。

映画化されるとはすごい出世作ですね。

自分の人生を家族に搾取されてきた女性・貴瑚と、母に虐待され「ムシ」と呼ばれる少年が出会う。

52ヘルツのクジラが意味するところとは・・・

感動作です。

 

ではランキングです。

1.デンマーク人はなぜ4時に帰っても成果を出せるのか  針貝有佳

2.地球の歩き方 世田谷区  地球の歩き方編集室

3.無敵の100歳  美木良介

4.速読英熟語[改訂版]  企画 温井 史朗 著 岡田 賢三

5.東京都同情塔  九段理江

 

美木良介さん、筋肉も人気も衰えませんね。

凄いです。

 

 

スポンサーリンク

2024.3.2王様のブランチ「BOOK」ランキング

紹介されていたヤマモトショウさんの『そしてレコードはまわる』。

これは面白そうですよ。

二人の別の人間が、偶然全く同じ音楽を作ることがあるのだろうか?

今、日本で屈指の実力を誇る音楽家が発表した新曲『恋の作法』が、ある大学教授が子供の頃に作った曲と瓜二つだというのだ。

天才作詞家・猫宮と共に、盗作疑惑の真偽を調べることになった主人公かえでだったが・・・

 

 

それではランキングです。

1.新版 科学がつきとめた「運のいい人」  中野信子

2.おしごとそうだんセンター  ヨシタケシンスケ

3.乃木坂46 5期生写真集 あの頃、乃木坂にいた  マガジンハウス

4.小学生でもわかる世界史  ぴよぴーよ速報

5.一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った新NISA入門  ダイヤモンド・ザイ編集部編

6.世界はラテン語でできている  ラテン語さん

7.言語の本質  今井むつみ/秋田喜美

8.ネイティブなら12歳までに覚える 80パターンで英語が止まらない!  塚本亮

9.最後はなぜかうまくいくイタリア人  宮嶋勲

10.望月の烏  阿部智里

 

子供の頃、考えてましたもんね。

全く偶然に同じような曲ができてしまうこともあるんじゃないかって。

無いとは言えないような。

 

スポンサーリンク

2024.2.24王様のブランチ「BOOK」ランキング

岡部えつさんの「怖いトモダチ」が紹介されていました。

16人の証言をもとに人気エッセイストの正体を暴くという、読者参加型のミステリーと言えるでしょう。

面白いですよ。

 

ではランキングです。

1.BLANK PAGE 空っぽを満たす旅  内田也哉子

2.変な家2 11の間取り図  雨穴

3.八月の御所グラウンド  万城目学

4.シャーロック・ホームズの凱旋  森見登美彦

5.解散ノート  モモコグミカンパニー

6.黄色い家  川上未映子

7.川のある街  江國香織

8.My Life  peco

9.ハルカノイセカイ 05  濱田英明

10.成瀬は信じた道をいく  宮島未奈

 

7位の「川のある街」は江國香織さん渾身の純文学ですね。

“場所”と“時間”と“生”を描いた三編が収録されています。

 

どことなく志賀直哉の死生観を彷彿とさせます。

 

 

スポンサーリンク

2024.2.17王様のブランチ「BOOK」ランキング

週末にはまったり読書をしたいものです。

とりあえずランキングです。

 

1.水脈  伊岡瞬

2.シャーロック・ホームズの凱旋  森見登美彦

3.変な家2 11の間取り図  雨穴

4.おかあさんの扉13 13歳の推し活‼  伊藤理佐

5.ファラオの密室  白川尚史

6.人生に期待するな  北野武

7.成瀬は天下を取りにいく  宮島未奈

8.本の雑誌489号2024年3月号  本の雑誌社

9.体力アップ1年生  たかぎなおこ

10.変な家  雨穴

 

1位の「水脈」は面白いですよ。

キーワードは「暗渠」。

一般には聞きなれない言葉だと思いますが、土木関係の人にとってはお馴染み。

遺体はどこから来て暗渠を通って行ったのか。

ハチャメチャ刑事コンビが謎に挑みます。

 

スポンサーリンク

2024.2.10王様のブランチ「BOOK」ランキング

21歳の慶応義塾大学医学部の学生執筆家・坪田侑也さん の「八秒で跳べ」が紹介されていました。

部活に人間関係に将来に悩む中学生の青春をフレッシュに描いています。

 

誰もが自分について考え、悩むあの時期を思い出させてくれる甘酸っぱい作品ですよ。

 

ではランキングです。

1.八月の御所グラウンド  万城目学

2.成瀬は信じた道をいく  宮島未奈

3.シャーロック・ホームズの凱旋  森見登美彦

4.黙って喋って  ヒコロヒー

5.山田涼介 写真集「Luminous」

6.ブラック・ショーマンと覚醒する女たち  東野圭吾

7.ともぐい  河﨑秋子

8.オードリーのオールナイトニッポントーク傑作選 2019-2022「さよならむつみ荘、そして……」編  オードリー

9.山田涼介「Think Note−真紅の音−」  山田涼介

10.みなさんのおかげです 木梨憲武自伝  木梨憲武

 

早くも人気シリーズとなっている「成瀬」ものですね。

2位の「成瀬は信じた道をいく」

 

面白いです。

 

 

スポンサーリンク

2024.2.3王様のブランチ「BOOK」ランキング

 

2月2日のテレビで東尾理子さんが面白い本を紹介していました。

「理科ダマン」

 

理科の基本を漫画で描いた本です。

子供たちが笑いながら勝手にどんどん読み進めるらしいですよ。

 

ではランキングです。

1.ブラック・ショーマンと覚醒する女たち  東野圭吾

2.変な家2 11の間取り図  雨穴

3.東京都同情塔  九段理江

4.ファラオの密室  白川尚史

5.かえるの哲学  アーノルド・ローベル(文・絵) 三木 卓(訳)

6.三体Ⅱ 黒暗森林 (上)  劉 慈欣

7.みなさんのおかげです 木梨憲武自伝  木梨憲武

8.シャーロック・ホームズの凱旋  森見登美彦

9.オードリーのオールナイトニッポントーク傑作選 2019-2022「さよならむつみ荘、そして……」編  オードリー

10.窪塚洋介の人生攻略本  窪塚洋介

 

東野圭吾氏の「ブラック・ショーマンと覚醒する女たち」が第1位でした。

これは面白いですよ。

亡き夫から莫大な遺産を相続した女性の前に絶縁したはずの兄が現れ、「あんたは偽者だ」といいだす。女性は一笑に付すが、一部始終を聞いていた元マジシャンのマスターは驚くべき謎解きを披露する。

 

ちなみに前作がこちら。

 

スポンサーリンク

2024.1.27王様のブランチ「BOOK」ランキング

またまた、管理人の大好きな今野敏氏の新作がランクインしてますね。

先に紹介しちゃいましょう。

今野敏。「一夜 隠蔽捜査10」。

隠蔽捜査シリーズの第10作ですね。

真面目でバカが付くほどの正直者・竜崎が警察機構にメスを入れつつ難解な事件を解決するという人気シリーズです。

TVドラマでの竜崎役、杉本哲太さんははまり役ですね。

生真面目さがよく出ていました。

 

著名な小説家・北上輝記が小田原で誘拐されたという報が舞い込む。

身代金の要求はなく、数日後犯人が要求してきた取引は「事件の公開」だった。

竜崎はあるミステリー作家に助言を求めるが・・・

 

 

ではランキングです。

1.シャーロック・ホームズの凱旋  森見登美彦

2.ファラオの密室  白川尚史

3.一夜 隠蔽捜査10  今野敏

4.変な家2 11の間取り図  雨穴

5.BLANK PAGE 空っぽを満たす旅  内田也哉子

6.オードリーのオールナイトニッポントーク傑作選 2019-2022「さよならむつみ荘、そして……」編  オードリー

7.東京都同情塔  九段理江

8.バァフアウト!  2024年2月号/ブラウンズブックス

9.SWITCH Vol.42 No.2 特集 ゴールデンカムイ 命を描く  スイッチ・パブリッシング

10.変な家  雨穴

 

やはり第170回芥川賞受賞作も紹介しなければならないでしょう。

九段理江さんの中編小説「東京都同情塔」。

  • 物語の舞台は、ザハ・ハディド案の国立競技場が建設されたもう一つの日本です。
  • 新宿御苑に、犯罪者のための施設「シンパシータワートーキョー」が建てられることになります。
  • そのデザインコンペに参加した建築家の牧名沙羅は、犯罪者に寛容になれない自分と、カタカナで表現される言葉に違和感を覚えます。
  • 牧名は、生成AIや15歳年下の友人・東上拓人とのやりとりを通して、言葉や人間の生きる条件について思考を巡らせていきます。

 

 

スポンサーリンク

2024.1.20王様のブランチ「BOOK」ランキング

あの『鴨川ホルモー』でデビューした万城目学氏が「自信作」として世に送り出した青春ファンタージーが紹介されていました。

「八月の御所グラウンド」

借金のカタに、早朝の御所G(グラウンド)でたまひで杯に参加する羽目になった大学生。

メンバーが足りないので、そこに偶然居合わせた覇気のなさそうな男にピッチャーをやらせたら・・・

あえて答えを提示しないギリギリのラインを攻めているんですね。

面白いです!

 

 

ということでランキングです。

1.変な家2 11の間取り図  雨穴

2.風に立つ  柚月裕子

3.ファラオの密室  白川尚史

4.美しくありたい  梅澤美波

5.瀧野由美子 2nd 写真集『マインドスケープ』  瀧野由美子

6.椛島光カレンダー 2024.1〜2025.3(B3壁掛け版)  椛島光

7.存在のすべてを  塩田武士

8.創元SF文庫総解説  東京創元社編集部・編

9.気がする朝  伊藤紺

10.成瀬は天下を取りにいく

 

 

 

スポンサーリンク

2024.1.13王様のブランチ「BOOK」ランキング

「ファラオの密室」が紹介されていました。

2024年・第22回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作ですね。

作者は白川 尚史さん。東京大学工学部卒業だそうですよ。

冥界の審判を受けるため、欠けた心臓を探しに3日間だけ現世に蘇ったミイラのセティ。地上では王の遺体がピラミッドから忽然と消え、人々はアテン神以外の信仰を禁じた王の意志ではないかと疑うが……

 

 

ということでランキングです。

1.変な家2 11の間取り図

2.シャークアタック&Co

3.大ピンチずかん

4.はじめる習慣

5.子どもとの関係が変わる 自分の親に読んでほしかった本

6.大ピンチずかん 2

7.最後はなぜかうまくいくイタリア人

8.変な家

9.新版 科学がつきとめた「運のいい人」

10.ゲッターズ飯田の五星三心占い2024 金の羅針盤座

 

本ではないんですが、八代亜紀さんのご冥福を祈りつつこちらを紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

2024.1.6王様のブランチ「BOOK」ランキング

気鋭の3人のミステリー作家がイチオシする作品がこちら。

「弁護側の証人」

ちなみに3人とは湊かなえさん、呉勝浩さん、新川帆立さんです。

 

小説「弁護側の証人」は、小泉喜美子の代表作で、日本ミステリー史に燦然と輝く伝説の名作です。あらすじは以下の通りです。

元ストリッパーの漣子は、八島財閥の御曹司・杉彦と結婚し、玉の輿に乗ります。しかし、嫁ぎ先では義父や使用人に冷遇され、孤立していきます。ある日、義父・竜之助が何者かに殺害され、杉彦が容疑者として逮捕されます。漣子は夫の無実を信じ、弁護側の証人を探すために奔走します。しかし、その証人は驚くべき人物でした。法廷での衝撃的な展開と驚異のトリックが読者を惹きつけます。

 

 

 

スポンサーリンク

2023.12.23王様のブランチ「BOOK」ランキング

今週は「年間文芸ランキング TOP10」でしたね。

今年も良い本がたくさん出ていました。

 

ということでランキングです。

1.街とその不確かな壁  村上春樹

2.汝、星のごとく  凪良ゆう

3.変な家  雨穴

4.くもをさがす  西加奈子

5.あなたが誰かを殺した  東野圭吾

6.変な絵  雨穴

7.続 窓ぎわのトットちゃん  黒柳徹子

8.君のクイズ  小川哲

9.ハンチバック  市川沙央

10.山崎怜奈の言葉のおすそわけ  山崎怜奈

 

ここは世界のハルキに敬意を表して1位の作品を紹介しましょう。

 

 

既にプレミアが付いているようですね。

文庫になってからでも良いような気がしますが。

 

スポンサーリンク

2023.12.16王様のブランチ「BOOK」ランキング

湊かなえさんの特集が組まれていました。

デビュー当時から4「イヤミス」の女王と呼ばれていたのですね。

「イヤミス」とは嫌な感じのするミステリー、という意味だそうです。

 

読んで面白い、予想のつかない展開で飽きさせない、そして人の心の深部を抉る、そんな傑作が多い湊かなえさんですが、読後になんとなく「イヤな感じがする」というのが作品の特徴ともなっています。

 

たしかにそんな感じはあります。

例えばこちら。

 

純粋な中学生たちが挑む高校受験でこんな嫌な事件が起きるのかと。

そして大人たちを驚愕させる若者の心裡。

読後に何となく嫌な感じがしたものです。

 

そんな湊かなえさんの新作がこちらです。

 

主人公は蝶に魅せられた榊博士、美しい少年たちを蝶と見なして標本にするという狂気の行為に走りる。その中には、幼い頃から見守ってきた息子の姿もあるのだった。最後は衝撃的などんでん返しが・・・

著者自らが「最高傑作が書けた!」と言っているほどの自信作、ぜひ読んでください。

 

ということでランキングです。

1.大ピンチずかん2  鈴木のりたけ

 

2.シャークアタック&Co.  デアゴスティーニ・ジャパン

3.大ピンチずかん  鈴木のりたけ

 

4.このミステリーがすごい!2024年版  このミステリーがすごい!編集部

 

5.最後はなぜかうまくいくイタリア人  宮嶋勲

 

今週は5位までですが、興味深い本が並んでますね。

「大ピンチずかん」もふっと笑えますよ。

子供たちにとってピンチとはどんなとき?っていう物差しです。

 

幼稚園で先生のことを「おか・・・」と言いかけたとき。

「おか」までならセーフ。「おかまいなく」とごまかす。

「おかあ」まで言うとかなりピンチ、修正不可かも。

 

面白いですね。

 

 

 

スポンサーリンク

2023.12.9王様のブランチ「BOOK」ランキング

『無敵の犬の夜』が紹介されていました。

第60回「文藝賞」受賞作で作者は小泉綾子さんです。

 

 

北九州の片田舎で暮らす中学生が、東京のラッパーを倒しにカチコミへ向かうという破格の青春爆走劇。思春期に抱える世界からの疎外感、北九州弁の中高生たちが繰り広げる言葉の応酬とその生命力。

読み応えあります。

 

ではランキングです。

1.ランチの時間  益田ミリ

2.星を編む  凪良ゆう

3.すべての人にいい人でいる必要なんてない  キム・ユウン 著 西野明奈 訳

4.明けない夜はないって言うけど、夜が明けるまでの過ごし方を誰も教えてくれない。  きほ

5.あなたが誰かを殺した  東野圭吾

6.40歳がくる!  雨宮まみ

7.きこえる  道尾秀介

8.噓をついたのは、初めてだった  講談社(編)

9.疲れた人に夜食を届ける出前店2  中山 有香里

10.わたしに会いたい

 

なんとなく気忙しい12月中旬となってきました。

皆さま、お体ご自愛下さいませ。

 

 

スポンサーリンク

2023.12.2王様のブランチ「BOOK」ランキング

道尾秀介氏が全く新しいエンターテインメントに挑戦しています。

小説と音を融合させて読者を異次元のミステリー世界へ誘うという体験的実験的作品です。

 

 

作中の様々なタイミングで「二次元コード」が登場します。そのコードを読み取り、音声を再生することにより小説世界へより深く入り込むことができます。

 

ではランキングです。

1.ツミデミック  一穂ミチ

2.星を編む  凪良ゆう

3.ストーナー  ジョン・ウィリアムズ 東江一紀 訳

4.蛸足ノート  穂村弘

5.近畿地方のある場所について  背筋

6.きこえる  道尾秀介

7.今日、誰のために生きる? アフリカの小さな村が教えてくれた幸せがずっと続く30の物語  ひすいこたろう、SHOGEN

8.汝、星のごとく  凪良ゆう

9.オタク用語辞典 大限界  小出祥子(編) 名古屋短期大学小出ゼミ(2022・2023年度生)(著)

10.赤面  上田晋也

 

凪良ゆうさんの「星」シリーズが2作ランクインしてますね。

 

 

 

本屋大賞作品、強いです。

 

スポンサーリンク

2023.11.25王様のブランチ「BOOK」ランキング

ちょっと気になるのは2位の『新版 科学がつきとめた「運のいい人」』ですね。

中野信子さんは今さらですが、東京大学工学部応用化学科を卒業後、東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程を修了し、医学博士を取得されているという凄い方ですね。

その中野信子さんが「運のいい人」について科学的に解説しています。

「運がいい人」は「運が良くなる」考え方や行動パターンを習慣づけているのです。

それではどのようにしたら「運のいい人」になれるのか?

 

 

ということでランキングです。

1.星を編む  凪良ゆう

2.新版 科学がつきとめた「運のいい人」  中野信子

3.続 窓ぎわのトットちゃん  黒柳徹子

4.地球の歩き方 ディズニーの世界 名作アニメーション映画の舞台  地球の歩き方編集室

5.頭のいい人が話す前に考えていること  安達裕哉

6.文具女子博2023 パーフェクトガイド  ぴあ

7.大ピンチずかん  鈴木のりたけ

8.椿ノ恋文  小川糸

9.カンタンなのになぜか伝わる こあら式英語のフレーズ図鑑  こあらの学校

10.手軽 あっさり 毎日食べたい あたらしい家中華  酒徒

 

こちらも気なります。

 

 

スポンサーリンク

2023.11.18王様のブランチ「BOOK」ランキング

筒井康隆氏の『カーテンコール』が紹介されていました。

短編集で読み易いそうです。

タイトルの「カーテンコール」ではこれまでの筒井氏の作品中の主役たちが登場して作者の筒井氏に思いを語り掛けるそうです。

面白い設定ですね。

 

筒井康隆氏は御年89歳。

数々の名作を世に出されていますね。

なかでも一世を風靡したのはやはり「時をかける少女」でしょうか。

 

中学3年生の芳山和子は、理科室でラベンダーの香りを嗅いだことで、時間を自在に跳び越える能力を身につける。その能力を使って、未来から来た同級生の深町一夫との恋や、さまざまな事件に巻き込まれる。一夫は和子に想いを告げて未来に帰ってしまうが、和子は彼との約束を胸に、再会を待ち続ける。

なんと言っても原田知世さんの可愛らしさと透明感のある歌声が印象的でした。

読んでも面白いですね。やはり。

 

 

 

では、ランキングです。

1.星を編む  凪良ゆう

2.続 窓ぎわのトットちゃん  黒柳徹子

3.ノラネコぐんだん ぺこぺこキャンプ  工藤ノリコ

4.手軽 あっさり 毎日食べたい あたらしい家中華  酒徒

5.公式ガイド&レシピ きのう何食べた? 〜シロさんの簡単レシピ3〜  講談社・編

6.パンどろぼうとほっかほっカー  柴田ケイコ

7.櫻坂46 土生瑞穂1st PHOTO BOOK『Destination』  櫻坂46土生瑞穂

8.TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ  TEX加藤

9.スーパー恐竜&Co.(アンドコ)  デアゴスティーニ・ジャパン

10.大ピンチずかん  鈴木のりたけ

 

こちら、あったかくって子供たちがワクワクできる絵本ですね。

 

 

 

スポンサーリンク

2023.11.11王様のブランチ「BOOK」ランキング

佐野徹夜さんの『透明になれなかった僕たちのために』が紹介されていました。

近未来を舞台にした青春サスペンス。

主人公のアリオは、一卵性双生児のユリオと幼馴染の深雪とともに、殺人衝動という狂気に苦しんできた。ユリオは中学生のときに事件を起こし、自殺してしまう。

数年後、大学生になったアリオは、自分と瓜二つの顔をした市堰と出会い、衝撃を受ける。そして、周囲で起こる連続殺人事件に巻き込まれていく。遺伝子操作やジョーカーと名乗る人物の不穏なツイートなど、予測不能の展開が待ち受ける衝撃の物語。

興味深い設定とありそうで怖い話ですね。

 

ということでランキングです。

1.続 窓ぎわのトットちゃん  黒柳徹子

2.あなたが誰かを殺した  東野圭吾

3.椿ノ恋文  小川糸

4.小泉今日子 そして、今日のわたし  別冊太陽編集部 編

5.ぎんなみ商店街の事件簿 Sister編  井上真偽

6.ぎんなみ商店街の事件簿 Brother編  井上真偽

7.近畿地方のある場所について  背筋

8.エヴァーグリーン・ゲーム  石井仁蔵

9.わたしに会いたい  西加奈子

10.スピノザの診察室  夏川草介

 

それにしても続編が42年ぶりとは。

凄すぎますね、黒柳徹子さん。

 
 
スポンサーリンク

2023.11.4王様のブランチ「BOOK」ランキング

石井仁蔵さんの『エヴァーグリーン・ゲーム』が紹介されていました。

チェスに命を懸ける4人の若者という今までになかったようなテーマとシチュエーションで物語が展開されます。

 

作者の石井仁蔵さんは東京大学を出て20年間、小説を書き続けて来られたそうです。

そしてついに本作で第12回ポプラ社小説新人賞を受賞されたんですね。

異色の青春小説と言えるのではないでしょうか!

 

ということでランキングです。

1.君が手にするはずだった黄金について  小川哲

2.なれのはて  加藤シゲアキ

3.幽玄F  佐藤究

4.マリスアングル  誉田哲也

5.歌われなかった海賊へ  逢坂冬馬

6.アメリカ陥落2 大暴動  大石 英司

7.続 窓ぎわのトットちゃん  黒柳徹子

8.恋できみが死なない理由  最果タヒ

9.アンと幸福  坂木司

10.近畿地方のある場所について  背筋

 

これは紹介しておかなければならないでしょう。

4位の誉田哲也氏の「マリスアングル」  です。

人気キャラクター姫川玲子シリーズの最新作です。

塞がれた窓、防音壁、追加錠……監禁目的の改築が施された民家。

そこに放置されていた男性の亡骸。

警視庁捜査一課殺人班十一係主任・姫川玲子の天性の勘と閃き、そして対照的な魚住久江の心に寄り添う聞き込みで捜査が進展すると、思いもよらない人物が浮かび上がってきて・・・

 

一気読み間違いなしです。

 

しかし、いまだに姫川玲子というと竹内結子さんを思い出してしまいますね。
寂しい・・・

 

スポンサーリンク

2023.10.28王様のブランチ「BOOK」ランキング

夏川草介氏の『スピノザの診察室』が紹介されていました。

久々の本格医療小説ですね。

京都の地域病院で内科医として働く雄町哲郎は、かつては大学病院で凄腕医師として活躍していたが、妹の死をきっかけに甥と暮らすために転職した。

大学准教授の花垣は、哲郎の才能を惜しんで、研修医の南茉莉を送り込む。

哲郎は、様々な患者と向き合いながら、医師としての使命や人生の意味を問い直していく。

哲郎が尊敬する哲学者スピノザの言葉を胸に、彼は最期に希望の灯りをともすことができるのか・・・

医療小説は興味深いですね。

もちろん専門用語は分かりませんが、それだけに惹かれるものがあります。

 

 

ということでランキングです。

1.レーエンデ国物語 喝采か沈黙か  多崎礼

2.メンタル強め美女白川さん 5  獅子

3.歌われなかった海賊へ  逢坂冬馬

4.あなたが誰かを殺した  東野圭吾

5.君が手にするはずだった黄金について  小川哲

6.半暮刻  月村了衛

7.転生した大聖女は、聖女であることをひた隠す 9  十夜(とうや) イラスト:chibi(ちび)

8.幽玄F  佐藤究

9.諸葛亮 上  宮城谷昌光

10.ドベとノラ 2 犬が結んだご縁  ヨシモフ郎

 

3位の「歌われなかった海賊へ」はあの「同志少女よ、敵を撃て」の逢坂冬馬氏の著作です。

本屋大賞受賞後、初の作品ですね。

1944年、ナチスによる独裁体制下のドイツで、父親を処刑された少年ヴェルナーは、反体制のエーデルヴァイス海賊団という少年少女グループに加わります。

彼らは、ヒトラー・ユーゲントというナチスの青少年組織と対立しながら、自由を求めて活動していました。

ある日、彼らは町に敷設された線路の先に強制収容所があることを知り、そこで起こっている人間の悪行に目を背けることができません。

彼らは、自分たちにできることを考えて行動に出ますが、それが彼らの運命を大きく変えることになります。

 

さすがの筆致です。

スポンサーリンク

2023.10.21王様のブランチ「BOOK」ランキング

小川哲氏の「君が手にするはずだった黄金について」が紹介されていました。

今作は最新作のタイトルです。

連作短篇集で、才能や成功、承認欲求に悩む人々の物語を描いています。

2023年10月18日に新潮社から発売されました 。

 

小川哲は、直木賞や山田風太郎賞などを受賞した人気の作家で、SFやミステリーなど幅広いジャンルで活躍しています。

ということでランキングです。

1.ラザロの迷宮  神永学

2.あなたが誰かを殺した  東野圭吾

3.777 トリプルセブン  伊坂幸太郎

4.悪逆  黒川博行

5.喫茶おじさん  原田ひ香

6.文春MOOK 週刊文春エンタ+ 大特集!『機動戦士ガンダム 水星の魔女』&『機動戦士ガンダムSEEDシリーズ』

7.ぎんなみ商店街の事件簿 Brother編  井上真偽

8.うるさいこの音の全部  高瀬隼子

9.さみしい夜にはペンを持て  古賀史健

10.ぎんなみ商店街の事件簿 Sister編  井上真偽

 

気になりますね~。

「ぎんなみ商店街の事件簿」シリーズ。

驚愕のパラレルミステリー!古き良き商店街で起きた不穏な事件。

探偵役は三姉妹と四兄弟、事件と手がかりは同じなのに展開する推理は全く違う!? 

ということで三姉妹と四兄弟の両面から読むのがお勧めのようです。

これは面白そうです!

 

 

探偵側(警察側)、犯人側という設定はよくありますが、1冊の中で場面転換により描くという手法が多いですね。

それを完全に別物の作品として、しかも2通りの探偵役の立場で描く、新しいです。

 

 

スポンサーリンク

2023.10.14王様のブランチ「BOOK」ランキング

「続 窓ぎわのトットちゃん」ですが、凄い売れ行きだそうですね~。

さすが黒柳徹子さん。

永遠の人気とパワーですね。

 

ということでランキングです。

1.乃木坂46 遠藤さくら1st写真集『可憐』  

2.続 窓ぎわのトットちゃん  黒柳徹子

3.爛柯の宴 中巻  松井琢磨

4.あなたが誰かを殺した  東野圭吾

5.なんかいやな感じ  武田砂鉄

6.列  中村文則

7.情景の殺人者 Scene Killer  森 博嗣

8.でぃすぺる  今村昌弘

9.777 トリプルセブン  伊坂幸太郎

10.悪逆  黒川博行

 

10位の黒川博行氏の「悪逆」。

面白そうですねー。

大阪府警捜査一課の舘野と箕面北署のベテラン刑事・玉川が、広告代理店の元経営者殺害事件を追うなか、さらに被害者と面識のある男が殺される。二人はそれぞれ士業詐欺とマルチ商法によって莫大な金を荒稼ぎした悪党で、情報屋の標的になっていた。警察は犯行手口の違いから同一犯による可能性はないと判断するが、いずれも初動捜査で手詰まりとなる。

大阪弁さく裂の警察小説、たまりません!

 

 

ちょうど今、黒川氏の「悪果」を読んでいるんですが、刑事の堀内、伊達が真面目なのかやさぐれなのかわからないほど個性が強いです。

そして怖くもあり、どこか面白い大阪弁の応酬。

 

ついでに読んでみます!?

 
「悪」シリーズなのでしょうね。
 
今後も目が離せません。
 
 
スポンサーリンク

2023.10.7王様のブランチ「BOOK」ランキング

「続 窓ぎわのトットちゃん」が紹介されていました。

ご存知、黒柳徹子さんが書いたエッセーの続編です。

 

前作「窓ぎわのトットちゃん」は、黒柳さんが子ども時代に通ったトモエ学園での思い出を描いた自伝的な作品で、世界で2500万部を超えるベストセラーになりました。

 

続編では、トットちゃんこと黒柳さんの戦時中や青春時代のエピソードが語られます。

東京大空襲や父の出征、疎開先での生活、女学校や音楽学校での出会いや恋愛、NHKの専属女優としての活躍、ニューヨークへの留学などが、明るく感動的に描かれています。

 

「続 窓ぎわのトットちゃん」は、2023年10月3日に刊行されました。前作と同じく、いわさきちひろさんが装画を担当しました。また、前作はアニメ映画化もされており、2023年12月8日に公開予定です。

 

ではランキングです。

1.777 トリプルセブン  伊坂幸太郎

2.あなたが誰かを殺した  東野圭吾

3.お弁当デイズ 夫と娘とときどき自分弁当  たかぎなおこ

4.週刊文春WOMAN 2023秋号  

5.リカバリー・カバヒコ  青山美智子

6.でぃすぺる  今村昌弘

7.NHKまる得マガジン 京都人直伝 “お揚げさん”の底力!  小平泰子

8.マイフィンランドルーティン100 ヘルシンキ暮らし編  北欧好きをこじらせてついに移住した私が暮らしの中で見つけた愛してやまないこと  週末北欧部 chika

9.近畿地方のある場所について  背筋

10.ハンティング・タイム  ジェフリー・ディーヴァー著 池田真紀子訳

1位にランクインした伊坂幸太郎氏の「777 トリプルセブン」ですが、面白いです!

伊坂氏の世界一不運な〇し屋シリーズは凄い人気ですね。

今回もハラハラドキドキさせてくれます。

やることなすことツキに見放されている〇し屋・七尾。

今度請け負った仕事は単純かつ安全・・・のはずだった。

超高級ホテルに入ったらそこには偶然、驚異的な記憶力を備えた女性・紙野結花が身を潜めていた。

彼女を巡ってヤバい奴らが集まってくる・・・

 

 

スポンサーリンク

2023.9.30王様のブランチ「BOOK」ランキング

塩田武士さんの「存在のすべてを」が紹介されていました。

塩田武士さんと言えば、「罪の声」が衝撃的でしたね。

小栗旬さん、星野源さんで映画にもなりました。Amazonプライムビデオでも観られますよ。

罪の声

こちらはあの有名な事件の裏側を描く作品でした。

 

今回の「存在のすべてを」は、30年前に起きた誘拐事件の被害児童の人生を通して質感なき時代に「実」を見つめる若者たちを描く気鋭の小説です。

圧巻の結末に心打たれます。

 

では、ランキングです。

1.あなたが誰かを殺した  東野圭吾

2.鵼の碑  京極夏彦

3.777 トリプルセブン  伊坂幸太郎

4.きょうの料理 おしえて志麻さん! お助けレシピ100  タサン志麻

5.さみしい夜にはペンを持て  古賀史健

6.近畿地方のある場所について  背筋

7.人はいつでも、誰だって「エース」になれる! 心とからだが輝く72(ナツ)の言葉  夏まゆみ 絵:アランジアロンゾ

8.小学生がたった1日で19×19までかんぺきに暗算できる本  小杉拓也

9.日本の歪み  養老孟司、茂木健一郎、東浩紀

10.よくわかる思考実験  高坂庵行

 

気になる本がたくさんありますねー。

とりあえず今日は1位の東野圭吾氏の作品ですね。

「あなたが誰かを殺した」

閑静な別荘地で起きた連続殺人事件。
愛する家族が奪われたのは偶然か、必然か。
残された人々は真相を知るため「検証会」に集う。
そこに現れたのは、長期休暇中の刑事・加賀恭一郎。
――私たちを待ち受けていたのは、想像もしない運命だった。

 

 

あの加賀恭一郎がある家族の秘密に迫り、偶然と必然の境地を解明します。

 

2023.9.23王様のブランチ「BOOK」ランキング

いや~、ここは本編とは関係なく阪神優勝を記念してこちらを紹介しなければならないでしょう。

故、横田 慎太郎さんの真摯に野球に向き合う姿が忘れられません。

既にプレミアムが付いているようです。
 
が、涙なくしては読めません。
 
 
ということでランキングです。
 
1.鵼の碑  京極夏彦
 
2.神の呪われた子 池袋ウエストゲートパークXIX  石田衣良
 
3.コンビニオーナーぎりぎり日記  仁科充乃
 
4.変な絵  雨穴
 
5.フランス人だけが知っている「我慢」しない生き方 世界で一番、自分のことを大切にできる秘訣  クララ・ブラン
 
 

1位の「鵼の碑」、読めます!?

(ぬえのいしぶみ)ですって。

京極夏彦さんの作品は不思議世界へ誘ってくれますね。

現実と非現実がどこかで擦り合わさっていくような感覚に陥ります。

そしてページを捲る手が止まらないという。

殺人の記憶を持つ娘に惑わされる作家。消えた三つの他殺体を追う刑事。妖光に翻弄される学僧。失踪者を追い求める探偵。死者の声を聞くために訪れた女。

これだけでもう京極ワールドへ放り込まれたような気になります。

 

 

 

2023.9.16王様のブランチ「BOOK」ランキング

西 加奈子さんの「くもをさがす」ですが、やはりかなり話題です。

 
カナダでがんになった。
あなたに、これを読んでほしいと思った。
 
2021年コロナ禍の最中、滞在先のカナダで浸潤性乳管がんを宣告された・・・

 

1.くもをさがす  西 加奈子

2.ヒトミさんの恋  益田ミリ

3.漢道  コムドットひゅうが

4.マリエ  千早茜

5.ハンチバック  市川沙央

6.ほどよく忘れて生きていく  藤井英子

7.虚空教典  剣持刀也

8.青瓜不動 三島屋変調百物語九之続  宮部 みゆき

9.西荻さんぽ  目黒 雅也

10.アリアドネの声  井上真偽

 

 

2023.9.9王様のブランチ「BOOK」ランキング

ここのところ話題の「十戒 」です。

作者の夕木春央さんは「方舟」で「週刊文春ミステリーベスト10」2022国内部門と「MRC大賞2022」のランキングで1位を獲得されています。

 

今作も「方舟」を読んでからの方がお勧めかも知れないです。

〇人犯を見つけてはならない。それが、わたしたちに課された戒律だった・・・

 

 

 

本日のランキング発表はないですね。

 

2023.9.2王様のブランチ「BOOK」ランキング

とりあえずランキングです。

1.SWITCH Vol.41 No.9 特集 ジブリをめぐる冒険  スイッチ・パブリッシング

2.リスペクト —R・E・S・P・E・C・T  ブレイディみかこ

3.木挽町のあだ討ち  永井紗耶子

4.遠火 警視庁強行犯係・樋口顕  今野敏

5.息子が生まれた日から、雨の日が好きになった。  幡野広志

6.ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する  雨川透子

7.ハンチバック  市川沙央

8.十戒  夕木春央

9.蒼天の鳥  三上幸四郎

10.ディズニー ツイステッドワンダーランド THE NOVEL EPISODE 2 荒野の反逆者  著者:日置じゅん/原案・イラスト:枢やな/スクウェア・エニックス

 

9位の「蒼天の鳥」は面白いですよ。

第69回江戸川乱歩賞受賞作ですね。

作者の三上幸四郎氏は鳥取県米子市の出身で、本作の主人公も実在した鳥取の作家、田中古代子さんだそうです。

大正ロマンを鮮やかに感じさせる歴史活劇ミステリー!との位置付けです。

田中古代子は、女性の地位向上を目指し「新しい女」の潮流を訴える女流作家である。本格的に作家として活動するため、娘の千鳥と内縁の夫・涌島義博の三人で、鳥取から東京に引っ越しをする予定を立てていた。

ある日、古代子は千鳥と共に、活動写真「兇賊ジゴマ」を観るために鳥取市内の劇場「鳥取座」に向かう。ところが観劇中、場内で火事が発生。取り残された古代子と千鳥が目にしたのは・・・

 

大正時代の鳥取や東京の風景や文化も鮮やかに描かれていて、読んでいて楽しかったですね。

活動写真や露亜党など、当時の社会情勢や事件も物語に絡んでいて、歴史に詳しくない私でも興味深く読むことができました。

 

ミステリーとしては、謎解きやトリックはそれほど難解ではなく、犯人も予想できましたが、それよりも登場人物たちの感情や背景に重点が置かれていたと感じましたね。

最後の真相は少し驚きましたが、それ以上に古代子さんと千鳥さんが事件を通して成長したことに感動しました。

 

スポンサーリンク

王様のブランチBOOKランキングアーカイブ

 

過去の王様のブランチBOOKランキングです。

 

    2023.8月 2023.7月 2023.6月
2023.5月 2023.4月 2023.3月 2023.2月 2023.1月
2022.12月 2022.11月 2022.10月 2022.9月 2022.8月
2022.7月 2022.6月(喪失) 2022.5月 2022.4月 2022.3月
2022.2月 2022.1月 2021.12月 2021.11月 2021.10月
2021.9月 2021.8月 2021.7月 2021.6月 2021.5月
2021.4月 2021.3月 2021.2月 2021.1月 2020.12月
2020.11月 2020.10月 2020.9月 2020.8月 2020.7月