「 吉沢亮 」一覧

「一度死んでみた」あらすじと口コミ、広瀬すずの可愛さだけの映画じゃない!

2020年3月20日公開の映画「一度死んでみた」はなかなか面白い出来です。

主演は広瀬すずさんでそのはじけ振りが早くも評判です。

 

映画の内容と感想などを紹介しましょう。

 

「一度死んでみた」の内容

 

この映画は監督:浜崎慎治氏、脚本:澤本嘉光氏というどちらもCM業界で名を馳せているいわばCM名人の手によって製作されました。

 

浜崎慎治氏はauの「三太郎」シリーズなどを手掛けている超人気CMディレクター、澤本嘉光氏はソフトバンクの「白戸家」シリーズなどを次々とヒットさせてきたCMプランナーです。
 
 
このCM界の実力者2人が製作した作品なのでいたるところに上質なCM的演出がちりばめられています。
 
映画自体はズバリ!コメディーですね。
 
 
それも今や国民的アイドル女優の広瀬すずちゃんが一皮も二皮も弾けたしっちゃかはっちゃか娘を演じています。

 

(出典:「一度死んでみた」公式HP)

 

「一度死んでみた」のあらすじ

大学4年生の野畑七瀬(広瀬すず)は、野畑製薬の社長である父親の計(はかる)(堤真一)と二人暮らし。

売れないデスメタルバンドのボーカルもやっている。

 

研究に没頭する計は仕事人間で母親の死に際も立ち会わなかった。

そのうえ何かと口うるさく干渉してくる計のことが大嫌いな七瀬は、「一度死んでくれ!」と日々毒づいている。

(出典:「一度死んでみた」公式HP)

 

ところがそんなある日、計が本当に「一度死んで」しまう。

計の会社では「若返りの薬」を開発しており、その途中で偶然出来上がった「一度死んで2日後に生き返る薬」を飲んだためだった。

会社の面倒を押し付けられることになった七瀬はなんとか父親を生き返らせたいと、なんとも影の薄~い、存在感のないゴースト社員松岡(吉沢亮)とともに奮闘することになるが・・・

 

というドタバタコメディーです。

 

「一度死んでみた」を10倍楽しむためのポイント

 

これに大物の俳優陣がいたるところでちょい役で出没するというのがこの映画の面白さのポイントになっています。

 

例えば死の案内人にリリー・フランキーさん、割とおいしい役どころ“じーさん”に松田翔太さん、薄幸ながらどこかとんでる女役に木村多江さん、その他佐藤健さん、小澤征悦さん、大友康平さんや竹中直人さん、古田新太さんなんかも出てますよ。

 

(出典:「一度死んでみた」公式HP)

 

さすがCM制作者コンビだけあってパンチの利いた演出が上手いです。

 

あ、この人がこんなところで、という発見をしながら観賞するのも楽しいですね。

ちなみに音楽担当はヒャダインさんです。

 

とにかく笑って笑ってだけのドタバタコメディーかと思っていたら、妙に心に浸みるセリフがあったりして最後は目じりにちょっぴり涙が滲む・・・なんてこともありそうです。

 

それにしてもリリー・フランキーさんはイイですね。

力を抜いたような演技と台詞回しが上手いです。

 

狂気の犯罪者の役も説得力ある人生論者の役も印象深くこなせる俳優さんですね。

 

この映画、ただのドタバタコメディーではありません。

 

王様のブランチでも紹介されていましたね。

王様のブランチ映画ランキング2020.3.21広瀬すずちゃん登場

 

今までのどちらかというと清純派、可愛いだけの女優から個性派へと脱皮した感もあり、これからが楽しみになって来ました。