「 桑田佳祐 」一覧

サザンオールスターズ(桑田佳祐)ー封印した名曲「TSUNAMI」あまりにも惜しい

デビューから40年を経てもなおトップを走り続けるサザンオールスターズ、知らない人はいないという日本の代表アーティストですね。

ヒット曲も名曲も数が多すぎてすべては紹介できませんが、こういうときこそ独断と偏見によりズバズバと削ぎ落してピックアップしてみたいと思います。

勝手にシンドバッド

当時、生放送で見ていましたよ。

TBSテレビの「ザ・ベストテン」。

「今週のスポットライト!」というコーナーがあって毎週、注目の新人を紹介していたんですね。

そこに突然現れた賑やかしい学生みたいなバンド、それがサザンオールスターズでした。

1978年6月25日にメジャーデビューし、「勝手にシンドバッド」を引っ提げての堂々のパフォーマンス振りでした。

作詞・作曲 桑田佳祐

勝手にシンドバッド―YouTubeより

なんだこれは!!!???

誰しもが感じた驚愕の楽曲でした。

気分しだいで責めないで

1978年11月25日リリースの第2弾です。
こちらも「勝手にシンドバッド」の勢いで日本語を超絶早い英語もどきで歌ってました。

作詞・作曲 桑田佳祐

気分しだいで責めないで―YouTubeより

全く歌詞が分らないという・・・

それでいて妙に印象に残る楽曲でした。

いとしのエリー

今やバラードの名曲として不動の地位を占めている曲です。

作詞・作曲 桑田佳祐

いとしのエリー―YouTubeより

当時、TBS系列のテレビドラマ『ふぞろいの林檎たち』と相まって主題歌のこの曲も大ヒットしましたね。

大学生を中心として若者は皆みていたドラマでしたね。

今でも彷彿とさせるCMがありますね。
中井貴一さん、柳沢慎吾さんが出演している投資信託のCMです。

真田広之さんではなく時任三郎さんだろうと思うのですが、ま、どうでもいいですか。

思い過ごしも恋のうち

当初、「いとしのエリー」の前にこちらを出そうとしていたらしいですが、同じようなリズム、テンポの曲が3曲続くのもどうかということで間にエリーが入ったようです。

作詞・作曲 桑田佳祐

思い過ごしも恋のうち―YouTubeより
歌唱動画がありません、悪しからず。

カラオケのノリもいいですよ。

C調言葉に御用心

当時、「C調って何だ!?」って思ってましたね。

“軽いノリ”って感じでしょうか。

作詞・作曲 桑田佳祐

YouTubeで適切な動画を見つけることができませんでした。

でも、良い曲ですよ。

チャコの海岸物語

1982年1月21日発売の14枚目シングルです。

これもラブソングのロングチャートですね。

作詞・作曲 桑田佳祐

YouTube上では紹介するに堪えうる動画を発見することができませんでした。

イントロがすこぶる良いんです。

涙のキッス

「冬彦さん」ブームを巻き起こしたTBS系金曜ドラマ『ずっとあなたが好きだった』の主題歌でした。

賀来千香子さんの美しさと佐野史郎さん、野際陽子さんの怪演が話題でしたね。

1992年、サザン31枚目のシングルです。

作詞・作曲 桑田佳祐

涙のキッスーYouTubeより
ちょっと聞き辛いですが。

エロティカ・セブン EROTICA SEVEN

サザンの曲には時々ふざけてるのか真面目なのかわからない作品があります。

この曲もそんな中の一つなのかなと。

作詞・作曲 桑田佳祐 大森隆志

エロティカ・セブン EROTICA SEVENーYouTubeより

す、すみません、あまりに可愛かったのでaikoさんのカバーで。

愛の言霊 〜Spiritual Message〜

いつもは日本語だか英語だかわからないような発生で歌う桑田さんですが、この楽曲はあえてフランス語に聞こえるよう歌ったのだとか。

カラオケで歌うファンも多いですよ。

作詞・作曲 桑田佳祐

カバーとカラオケしかYouTubeにないので割愛ということで。

TSUNAMI

2000年ちょうどに発売されたサザン44枚目のシングルです。

サザンオールスターズ最大のヒットとなり、売り上げ枚数は300万枚に迫る勢いでした。

作詞・作曲 桑田佳祐

TSUNAMIーYouTubeより

しかし、あまりにも東日本大震災を思い起こさせるタイトルだったことから桑田さんはしばらく演奏を自粛していたのですね。

大方の世論は「曲に罪はない」ということでむしろこの名曲を多くの場で披露してもらいたいという流れになっていたようです。

2000年発売、その年の日本レコード大賞受賞、2011年東日本大震災、そして2019年現在でもめったにその演奏を聴くことはありません。

その他の
昭和・平成から令和に残したい名曲はこちら