退職代行のやり方!トラブルを避け、失敗しないための6つのポイント

スポンサーリンク

bBearさんによる写真ACからの写真
 

せっかく、就職したのに会社を辞めたいという人は沢山います。

スムーズに退職するために便利なのが退職代行サービスです。

利用するためにどんな手続きが必要かを幾つか挙げてみました。

退職代行とは

簡単に言えば、退職したい人の代わりに退職に必要な手続きを代行します。

依頼者と会社の間に退職代行が入ることで退職することがスムーズになります。

退職代行サービスが出来たのは2010年代後半からで、転職者数の増加に伴い事業者が増えてきました。

また、会社によっては退職する人を引き留めるケースも増えてきました。

退職するのに会社が届けを受け取ってくれないというトラブルも発生するようになってきました。

執拗に引き留められると退職者の心の負担が大きくなります。

そんな背景が退職代行サービスを誕生させたと言えるかもしれません。

退職代行のやり方、流れをじっくり見てみよう

「会社を辞めたい」という人の心強い味方になってくれるのが退職代行サービスです。

しかし、代行を頼んだからと言っても退職まで全てを人任せにすることはできません。

何故なら、一番大切な自分自身のことだからです。

退職代行を利用する際の流れを6つのステップに分けてみました。

ステップその一、申込み・相談です。

退職すべきかどうするかはやはり、相談してみないといけません。

ポイントとしてはどうやって、こちら側有利に退職できるかです。

気になったことはどんどん、相談して解決することが大切です。

ステップその二、説明・情報共有です。

どんなことでも説明・情報共有はしっかりやっておきましょう。

ステップその三、利用料金

事前にしっかり業者に確認しておくことです。

料金は業者によりまちまちです。

3万円のところもあれば5万円のところもあります。

また、それ以上に高額な業者もいます。

多くはサービスのメニューによって違いがあるようです。

どこまでを業者に依頼するのか、また、自分が必要としているサービスはどのようなものなのかを事前に整理して把握しておくことが重要です。

ステップその四、退職するための打ち合わせです。

ステップその五になると退職を実行します。

最後のステップ六は退職後のアフターケアです。

退職後にも必要な手続きがあるからです。

ここで注目してほしいのは利用する場合、依頼者はどこから自発的に動くかです。

ぶっちゃけ、自発的行動が必要なのは申し込みだけと言っても良いかもしれません。

細かいところは退職代行サービスに任せるということですね。

利用の際の注意点とは

退職代行サービスは便利なサービスではありますが、気を付けなくてはいけない点が幾つかあります。

まずは退職代行がどこまでやってくれるかをチェックしましょう。

以下のことは期待してよいでしょう。

・退職する意思を本人に代わって会社に伝えてくれます。

・退職するための離職票の請求も伝えてくれます。

・会社にいかなくてもすみます。

・有給休暇の取得についても伝えてくれます。

・要するに会社と本人との間に入ってくれます。

利用する際に注意することは、退職代行サービスは幾つも存在し、料金にも差があるということです。

依頼者の勤務形態にも違いがあるので詳細を確認しておくようにしましょう。

退職代行サービスを利用する際、相場を確認してあまり安い業者は注意が必要です。

また多くの場合、退職に関することを代行するだけなので法的なトラブルは専門外ということになります。

結局、トラブルを解決する便利屋ではないということだけは覚えておきましょう。

まとめ

退職代行サービスを利用する人の大半が「早く、会社を辞めたい」と思っている人です。

そこで相談してからどのくらいの時間で退職手続きに動いてくれるかもチェックしておくことが必要になります。

退職するまで早い退職代行サービスは自分自身が動くことも必要になるかもしれません。

その場合、どう動くかも綿密に連携を取りましょう

関連コンテンツ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加