キャッシング初めてでも安心!無人契約機での流れを教えます!

スポンサーリンク

生活しているとどうしても緊急にお金が必用になるときがありますよね。

冠婚葬祭の付き合いや飲み会、社会人となると思わぬ出費に悩まされることが多いです。

そんなとき頭に浮かぶのがキャッシングではないでしょうか。

よくテレビでコマーシャルを見るけど、一体どんな感じなんだろうと思っている方もおられるでしょう。

そこで、初めてキャッシングをしようとしている方に申込みの仕方、流れ、注意点などについてお話してみたいと思います。

無人契約機でのキャッシング申込み方法

キャッシングには数通りの申込み方法があります。

インターネット、電話、郵送、FAXなどありますが、一番多いのは無人契約機ではないでしょうか。

まずは無人契約機でのお金の借り方について説明します。

無人契約機の中に入ったらまず、ロックをかけましょう。

申込み手続きの最中に突然誰かが入って来たらビックリしてしまいますからね。

そして、次に機械や周りの壁などを見てみましょう。

これからの手続きの流れが書いてある説明書があるはずです。

もし、いきなり画面に
「いらっしゃいませ。」
の文字が出て、アナウンスが流れて来たらその声に従いましょう。

あとは流れに沿って画面タッチで進んで行きます。

いろいろ訊かれますよ。
名前
住所
電話番号
配偶者ありなし
配偶者の名前
子供ありなし
子供の名前
勤務先
勤務先住所
勤務先電話番号
借り入れ希望金額
年収
毎月の給料日
返済希望日
他社借り入れ状況

基本的な事柄だけでもこれくらいはあります。

え、こんなことまで訊かれるの?
と思った方はこの辺りで帰った方が良いかも知れません。

あなたはそれほどまだ逼迫していないということでしょうから。

できれば借りない方が良いに決まっていますからね。

諸々画面に入力したら今度は書類の提出です。

前もってコピーを取って行ったりする必要はありません。
(会社によって違うかもしれませんので事前に確認しておいた方が良いでしょう)

すべて機械での読み取り(スキャン)になります。

免許証
健康保険証
源泉徴収票
給与明細書(場合によって)

これくらいは必要です。

本籍地を訊かれる場合もありますから忘れている方は事前に調べておいた方が良いでしょう。

もしあなたが初めてのキャッシングで他社に借り入れがなければ30分ほどで契約書の発行となり、カードを手にすることができるでしょう。

カードができればこんな感じです。

インターネット申込みの場合

インターネットで5分審査とか10分審査とかありますよね。

確かに5分、10分で審査されますが、それは謂わば一次審査です。

あくまであなたの基本情報に基づいて融資可能な最低条件をクリアしているかどうかを審査しているだけです。

分かりやすく言えば、あなたがブラックでないか、他社に相当の借り入れがないかを審査しているのです。

専用端末機をポンカラキンコンカンと叩けば即座に調べられますからね。

この一次審査に無事通って始めて本審査に移ります。

その際はやはり諸々の書類の提出が必要です。
当然ですね。

インターネットだからといって何事もペーパーレスという訳にはいきません。
書類の提出方法はスキャン、送信、FAX、郵送いろいろあります。

それらの手間を考えると最初から無人契約機に行った方が早いかもしれませんね。

審査時間についてはこちらを参考になさってください。
キャッシングの審査時間について

無人契約機での注意点

ここでまた無人契約機に戻りますが、利用するうえでいくつかの注意点があります。

1.あなたは見られている
無人契約機だから誰も見ていないだろうと思っていると大間違いです。
機械の正面からも部屋の4隅のどこかからもあなたはカメラで見られています。

これも当然ですよね。
顔もわからない相手にお金を貸しませんよね。
提示された免許証と同一人物かどうか確認されるのです。

挙動不審な動きはすべてチェックされていますから真摯な態度で臨みましょう。

2.存在確認はある
存在確認とはあなたが現にその住所に住んでいるか、その会社に確かに勤めているかの確認です。

無人契約機だからと言ってその確認がないわけではありません。

無人契約機の向こう側にはしっかり担当者がいます。

実際に機械の向こうにいるという意味ではありません。
カメラを通してあなたを見ているのです。

そして存在の確認作業もしています。

方法はあなたの友人か知人の振りをして電話をかけるのです。

「○○さん、いらっしゃいますか?」

「今、いません。」

「ただ今出かけております。」

これで十分なのです。

あなたは無人契約機の前にいるわけですから、自宅や会社にいるわけがありませんからね。

金融業者としてはこれで存在の確認が取れたわけです。

とにもかくにもこの電話があることは覚悟しておきましょう。

このように無人契約機だからと言って、決して甘くはありません。

審査すべきことはきっちり審査するのです。

そのことを踏まえたうえで申込みをするようにしましょう。

関連コンテンツ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加