良い歯科医を選ぶポイントは!?子供編、大人編ー長期間だから慎重に!

スポンサーリンク

子供の頃、歯医者が大嫌いだったという方は多いのではないでしょうか。

大きな理由は治療の間、ずっと口を開けてじっとしていなくてはいけないからですね。

しかも、痛くても我慢しなくてはいけません。

実際、歯医者が嫌いな人は大人でも沢山いるんじゃないでしょうか。

子供にとって良い歯医者の探し方、見つけ方

子供にとって歯医者は怖い存在です。

虫歯が痛くても治療で歯医者に行きたくない・・・

大抵の子が 歯医者=痛い、怖いというイメージを持っています。

でも子供の歯は虫歯になりやすいので早めの治療が必要ですね。

そのためには子供を任せても安心できる歯医者選びが必要です。

子供の歯は乳歯です。

いずれは、抜けて永久歯に生え変わります。

生え変わるからといって、治療に手を抜いてはいけません。

正しいケアをすることによって将来の歯の健康や歯並びが変化します。

小児歯科は高度な専門的な知識を持っている歯科医が必要になります。

小児歯科を選ぶならまず、ポイントをおさえておきましょう。

条件として子供を連れていきやすい場所に歯科クリニックが存在しているかです。

さらに平日夜や土日祝日にも診療が可能かもチェックしておきましょう。

子供の歯は大人の歯に生え変わるためにきちんとしたケアが必要です。

そのため、治療に関して様々な疑問が生じます。

疑問の一つ一つに親身になって相談に乗ってくれる医師がいるかどうかでも小児歯科医を選ぶポイントになります。

また、予約の取りやすさや定期的に通院できることで選ぶ人もいます。

歯のケアは定期的に行う必要があるからです。

最後に重要なのは子供が嫌がらずに通院できる小児歯科の存在です。

子供の場合、歯医者の苦手意識が大きいです。

できるだけ、苦手意識を取り除いてくれる小児歯科を選びましょう。

よその子が治療をしている間、待っている時間というのは子供にとって恐怖の時間でなのですね。

次は自分の番だと思うと怖くてたまりません。

そんな恐怖を紛らわせてくれるキッズスペースがあると親御さんは嬉しくなります。

虫歯を予防するための指導をしてくれたり、状況に合わせて対応してくれる小児歯科に人気が集まっています。

大人にとっての良い歯医者の探し方、見つけ方

大人の歯は永久歯です。

子供の場合、乳歯なのでいずれ、永久歯に生え変わります。

永久歯は抜けたら生えてきません。

大人でも子供と同じで歯医者が苦手な人も少なくないです。

そこで良い歯医者というのは当然、腕のいい歯科医ということになります。

そんなことは分かっていても腕のいい歯科医かどうかは患者側では判断しにくいです。

腕のいい歯科医でも歯の治療には危険性が伴います。

それに治療をしてもらうかは患者自身が選ばなくてはいけません。

歯科医が勝手に治療していいわけではありません。

医師によっては治療の危険性を説明してくれない場合もあります。

それでも質問すれば、親切丁寧に説明してくれるはずです。

ちなみに歯科医を選ぶポイントは幾つかあります。

最初は通いやすい歯医者です。

駅に近かったり自宅や職場に近いとかです。

それに診療日や診療時間、急な診察でも対応してくれるところが人気が高いです。

それだけでなく治療をする前に綿密な説明をしてくれるところだと安心できます。

他にも施設が充実していることです。

例えば、高齢者や障害者のためにバリやフリーになっている点もいい歯科医院のポイントになります。

要するに子供からご年配の方まで安心して診療を受けることができる歯科医院が理想です。

探し方としては他の人の口コミや歯科医院の詳細などを確認しておきましょう。

歯科医選びは慎重に

自分にあった歯科医をみつけることが治療のしやすさにも関係していきます。

最近では土曜日診療を行っているところも多いので休みがなかなか取れない社会人でも行きやすくなりました。

また、最近の傾向として先進の機器を導入している歯科医も珍しくありません。

大人の場合、表面の虫歯だけでなく歯の根元ー歯根に菌が溜まって病気になっているケースも多くあります。

それらをCTやマイクロスコープで見つけ出し、「根管治療」できる技術があるかどうかも選択における評価の対象になります

さらに人によっては子供のころから治療を繰り返し、もはや被せる余裕のない歯になっている場合も少なくありません。

そんな場合でもできるだけ歯を残し、活かす治療を行ってくれるかどうかを事前に確認しておくことも必要でしょう。

いずれにしても歯の治療はいったん始めると長期にわたる場合が多いですから慎重に歯科医は選びたいものですね。

また、途中でも「これはダメだ」と感じたらさっさと歯科医を変える勇気も持つ必要があるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加