転職面接を成功させる8つのポイント!「採用決定」と言わせる戦略

スポンサーリンク

男性も女性も転職を考えるタイミングは一度や二度訪れます。

新卒の採用と違って、企業側も即戦力を求める転職の面接では自ずと成功のためのポイントが変わってきます。

ここでは転職の際の面接について「勝つ」ための戦略について考えてみましょう。

転職面接に赴く時の服装、持ち物について

面接に赴く時、これだけは持っておいたほうがいいというものを紹介します。

前日には必ず用意して土壇場で慌てないようにしましょう。

家から出る際には、持っているか忘れ物がないかを再度、確認しましょう。

まずはA4の書類が入るカバン&クリアファイルです。
履歴書や職務経歴書などの応募書類を入れておくのにも必要です。

企業から配られるパンフレットや資料などを入れておけて便利です。

履歴書・職務経歴書など応募書類のコピーは大切です。
提出してしまった履歴書についても質問されることがあります。
面接の前に事前に読み返しておいたほうがいいでしょう。

面接した会社の資料は手元に持っておきましょう。

筆記用具はどんな時でも必要なアイテムです。
時にはアンケートを求められる場合もあります。
そんな時、筆記用具がないと困ります。

面接では時間を守ることも大切です。
腕時計は必須アイテムです。

面接での服装は清潔感のある服装です。

最近ではリクルートスーツを着てくる人が増えています。
結局、人は見た目で判断します。

面接時間は短いので悪目立ちするような服装は避けましょう。

髪型もぼさぼさでは面接官にいい印象を与えません。
フケだらけの髪はもってのほかです。

きちんと前日に入浴して、面接の前は鏡で身なりを確認しましょう

転職面接における自己紹介のポイント

面接での自己アピールは必要です。

案外、面接時間は短いです。
短い時間の中でどれだけ、自己アピールができるかで採用か否かが決まってきます。

面接官にとって重要なのは応募者が自分の会社に有益な人間かどうかです。
自身の経歴や実績、スキルがどれだけ、会社に役立つかをアピールすることが重要です。

性格についてのアピールはさほど重要ではないと言えるでしょう。

大切なのは自分がどれだけ、会社に有益かを示すことです。

ただし、自分の実績やスキルを強調することで的外れなアピールをしないよう注意しましょう。

会社が募集している業種について必要な能力を踏まえて、関係のある実績やスキルなどを伝えましょう。

転職面接での志望動機の述べ方

面接の場で志望動機を尋ねられるのには理由があります。
その理由を踏まえて志望動機を考えましょう。

まずは志望度の強さです。

「この会社が好きだからこの会社で働きたい」

会社への好意が求められています。

いくら、好きでも希望する会社の社風にそわなくては採用してもらえません。

希望する会社がどんな事業展開しているかで志望動機も変化します。

例えば、「御社がこのような仕事をしているから、自分も参加してみたい」とかです。

面接官に「この人は自社のことをよく理解して、一緒に仕事を頑張ってくれる」と思わせることがてぎます。

転職面接で職務経歴について質問された時の答え方

転職での面接の時、前の仕事の内容を聞かれる場合があります。

ちなみに職歴は履歴書に記載されています。
それでも本人に直接聞く場合があります。

例えば「今までの職歴や経歴などについて教えてください」と言われます。

どんな経験を積んできたのか、簡潔に伝える必要があります。
簡潔といってもポイントを押さえておかないと相手に自分がどんな経験を積んできたかわかりません。

無理に話に盛り込まず、きちんとあらすじをたてておくべきです。

転職面接における効果的な逆質問

面接官の逆質問といえば、お決まりの「何か質問はありますか」です。
そこで逆質問の意味を考えてみてください。

面接官の逆質問の意図は応募者の熱意です。

それと応募者のコミュニケーション能力を見るという目的もあるでしょう。

逆質問をするなら面接官によって変えていくのも一つの手段です。

例えば、人事担当者だったら人事制度や企業文化、現場社員なら職場で働きたい希望なとです。

人事課の担当者に人事制度や企業文化を聞くのは至極もっともなことです。

相手に「なるほど、この人はこの会社で働きたいんだな」と感じさせることが重要だということです。

転職面接で給料について質問されたときの答え方

求人には「年収○万円以上」など、情報は最低限しか載せられていないことが多いですね。

採用された後に「給与が違う」と言ってもトラブルになるだけですね。

実際にはどれだけ、給与を支給してもらえるか。

休日・休暇についてもきちんと尋ねておくことが大切です。

肝心の答え方の例を挙げてみましょう。

いきなり、「御社に採用された場合、どれだけ給与を支給されますか」と尋ねてはいけません。

面接官に不快感を与えます。

お金の問題はデリケートです。

希望年収を尋ねられたら身構えてしまうかもしれませんが、誠実に答える姿勢が重要ですね。

自分のスキルや経験を考えてあらかじめ、答え方を用意しておくと慌てずにすみます。

定番としては

「御社の規定に従います。」

ですが、本当に最低限これだけは欲しい!という希望があればズバリ伝えることも肝要でしょう。

転職面接で残業について質問されたときの答え方

残業のない会社は滅多にありません。

最近は、できるだけ残業をしたくない事情があるという転職希望者も増えています。
理由は“家庭の事情”が多いようです。

例えば、親の介護をしなくてはいけないとかシングル・マザー、ファーザーの場合、子供が小さいので預かってもらえる場所がないとかです。

残業や休日出勤などの質問がある場合、どう答えたらよいのでしょう。

残業や休日出勤ができると伝えるのが基本の答え方です。

あくまでも残業や休日出勤に抵抗がないことを証明するためです。

残業や休日出勤ができないことを隠したまま、採用後にトラブルが発生することは避けたいですね。

どうしても、残業や休日出勤ができない場合はあらかじめ伝えておくと企業側で考慮して採用するときもあります。

何事も正直に伝えることが大切です。

転職面接を受けたがこちらから断る場合の仕方(メールもあり?)

面接が終わった後、応募者が断る場合もあります。

面接官は当然、希望した会社の社員です。

面接の際には希望した会社の社風に触れることができます。

その時点で「思っていたのと何か違う」と感じる場合、採用を辞退するわけです。

この場合、どう断るべきでしょう。

相手に批判的な断り方はマナー違反です。
相手の態度に怒りを覚えていてもそこだけは言ってはいけません。

「一身上の都合があり、辞退します」

この一言だけで問題は解決します。

理由を聞かれた場合でも「あくまでもプライベート上のことなので返答を辞退します」で終了です。

さすがにプライベート云々と言えば、それ以上深入りできないはずです。

相手側の気持ちを考えると内定辞退の意思表示はメールより電話の方がいいと思います。

そして、できるだけ早く伝えましょう。

その時、面接に時間を割いてもらったお礼や辞退に対しての謝罪はきちんと伝えることが大切です。

関連コンテンツ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加