福岡県に移住するメリット、デメリット、空き家バンク情報など

(wikipediaより)

昨今、移住ブームですね。

とくに東日本大震災以降、その傾向は強いようです。

そこで当サイトの外部スタッフにおすすめの移住地について調べてもらいました。

是非参考になさってください。

おすすめの移住地は福岡県

私のお勧めしたい移住地は福岡県です。

九州の福岡県は九州で一番の都会と言われており、九州の若者は福岡に就職する事も多いほど様々なジャンルの会社や企業が多いのです。

年齢、老若男女問わず仕事の為、夢を叶えるために移住する方も実際多くいます。

また福岡と言えば、交通の便も栄えており航空では直行便で海外便もあります。

新幹線もあり、遠方の県まで移動できます。

バスは勿論、電車(JR)、地下鉄は市民の中心の足ともなっており、乗り換えれば遠方でもどこでも行くことができ、交通面では非常に発達しており利便性がありとても便利です。

旅するなら福岡県

福岡は美味しいものが沢山あり、グルメに関しても有名です。

ラーメンや水炊き、もつ鍋、明太子は定番ですがそれ以外にも沢山の美味しいものがあります。

博多中州にある屋台街も有名です。

また子どもから大人まで遊べる観光地やレジャー施設もたくさんあり、九州内に住んでいる私も含め多くの人は、わざわざ福岡県に買い物に行ったり、美味しいものを食べに旅行したりします。

それほど福岡にしかないショップ巡りや買い物、グルメなど楽しみ方は沢山あります。

九州内から福岡まで自家用車やJRで場所にもよりますが大体1時間~3時間くらいで着きます。

福岡県のおすすめポイント

一番のお勧めは、このような都会であるにも関わらず、不動産物件が比較的安いという事です。

近隣の他県と同じような環境、立地、間取りを比較すると1LDKでも3~5万円は安いのが福岡です。

マンション、アパート賃貸でも好条件で好環境でたくさんの物件情報があります。

これは実際私が経験した事でもあり、九州内では福岡の物件は安いと言われているのも事実です。

土地が広いからなのか、人口が多いからなのか、若者や学生が多いからなのか、理由については詳細不明です。

ただ、住まいや物件に関しては自分のこだわりの条件や間取りがあっても、安くて情報がいっぱいあるという事は確かです。

そして福岡県は全部で29市、29町、2村の計60市町村があります。

とても広く福岡県内で引っ越しすることは少なくありません。

それぞれの市町村や地域では都市開発や地域開発、観光産業等どんどん発展しているのも特徴的です。

福岡県の人気スポット

ここ近年の有名な場所としては、福岡県糸島市という所になります。

この糸島市は以前は海岸沿いで、過疎化が進み殺風景な街でした。

特に観光スポットでもなく、海沿いのため景色が綺麗という認識だったみたいですが、訪れた観光客がインスタグラムやSNS等で写真を発信した事がきっかけで、たちまち認知され有名になり、観光スポット、有名な街になりました。

現在ではインスタ映えする様な場所やお洒落な建物が沢山あります。

かつて海岸沿いに道路しかなかった殺風景な風景は今では、お洒落なレストランやカフェやショップがたくさん並び、その建物の風景がインスタ映えとなっているのです。

実はこの糸島市に移住して、お店を開業している人もたくさんいます。

これまで地名の認知度が低かった為、周辺の海で獲れる魚や海産物、地元の名産物も関心は無知に近かった状態が今では有名になっており、食事をする為に遠方から来られる方も多く、お店によっては行列のお店もいくつかあります。

過疎化だった糸島市が今では、活性化と人気観光地、お洒落な街として、福岡県で住みたい街第1位なのです。

中心街ではなく、郊外のかつては田舎で認識、関心が低かった街が人気となっているのは正直驚きがあります。

この糸島市だけではなく、他の都市や街もどんどん開発されているのが現状で、今後福岡県の都市、地域開発、街づくりはとても注目、期待できる分野だと思っています。

福岡の中心街から少し移動するだけで、海や山があったり、閑静で景色が綺麗な場所も多いため子育てや住みやすさには快適だと思っています。

移住されている方も多く、実際私も移住したいと思うくらい、お勧めしたい県になります。

福岡県の空き家情報

福岡県の空き家情報を探すには市が提供する空き家バンクを利用するのが良いでしょう。

福岡県空き家バンク

その他地元の詳細な情報がたくさん発信されていますので、地元自治体のHPを見ることは大変有意義ですね。

まずは情報収集からです。

関連コンテンツ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加