学生でも申込みできるキャッシングと学費のための教育ローン

水道光熱費や家賃、教科書や研究活動に関わる自己負担分の費用などが不足して、現金不足に陥る学生は結構います。

もしも、今すぐに現金が必要で、家族や友人から借りるあてがないなら、金融会社のキャッシングサービスを使うという選択肢があります。

ただし、融資を行っている金融機関の提供するサービスが、学生の契約者を認めていることがまず第一の利用条件となります。

学生本人がキャッシングローンを申し込めるか

2022.4追記

法律の改正により満18歳が成人とみなされ、ローンの申し込みなどができる場合もあります。

しかし、注意も必要です。

十分、内容をお確かめください。

キャッシング会社の中には、融資の条件に学生は除外するという項目を設けているところがあります。

学生か社会人か以前の問題として、18歳以上に達していなければキャッシングサービスは受けられないことは、認識しておくべきことです

大学生や専門学校生であっても18歳未満の立場では契約できないケースが大半です。

キャッシング会社の中には、未成年にも融資可能なものが存在するようですが、金利が高すぎたり、エリアに制約があるものが大半です。

会社員でも、学生でも、キャッシングの審査は同じ内容になるため、月々の収入が一定であることが重視されます。

継続的に収入を得ている人ほど、キャッシングの審査は通りやすくなりますので、アルバイトを続けることが大事です。

キャッシングの申し込みでは、アルバイト先の名称なども聞かれますが、勤務先にキャッシング利用が気づかれることはありません。

学生でも利用できるキャッシングはあるので、お金が必要な時には助けになってくれるでしょう。

以前に書いた記事ですが、こちらも参考になさってください。

サラ金、キャッシングの審査申し込み方法。時間、厳しさなど事前に知っておこう

親が申し込む教育ローンとは

子供にかける学費負担が厳しい家庭の場合、教育ローンという種類のローンを使うことができます。

日本では、義務教育以外の教育に関しては多額の学費がかかることがほとんどです。

学費のための教育ローンは住宅ローンや自動車ローンなどのローン商品と同じで、銀行などの預金取扱金融機関のほか、信販会社などが扱っています。

学費のための教育ローンを共済や健康保険組合などが直接提供してくれるような形のものもあります。

企業の福利厚生の一環として行なわれれるものです。

教育ローンは、金銭消費貸借契約書という書類を作り、借入金額、金利、期間、返済方法などを記入した上で借りることになるのが基本です。

学費のために教育ローンを借りる場合、契約書では借りた人が自分の口座を指定して、そこに融資金が入る体裁を取ります。

しかし実情を見れば、学校など学費の受け取り先の銀行口座に直接入金するようになっていることがほとんどのようです。

現在の日本には、住宅ローンや自動車ローン、消費者金融など様々なローンが存在します。

教育ローンを扱うに当たって、教育は生活のなかで優先的になされることがらだという考え方がされます。

このため、消費財を買うために組むローン(例えば自動車ローン)に比べると、教育ローンは金利が低く抑えられる傾向があります。

教育ローンを貸し出す金融機関ごとに、金利はいろいろです。

教育ローンを利用して学費をまかなおうと考えているのであれば、いくつかの候補を当たった上で最も利用しやすいと思うものを利用するようにしましょう。

 


管理人おススメ

こちらは2021年度日本マーケティングリサーチ機構の調査により

『注目のカードローン No.1』

『本当に困った時に相談したいカードローン No.1』

の2冠に輝いた企業です。

   ↓   ↓   ↓   ↓



とくに『本当に困った時に相談したいカードローン No.1』は深いですよ。

何を隠そう管理人も一時困っていたときにこの会社に頼りました。

いわゆる一軍の大手レベルから門前払いされていた時です。

人によって事情は違うので、必ずしも全員が良い結果となるとは言えませんが、

相談する価値はあると思います。


 

《他のクレジット、ローン関係の記事》

こちらも参考になさってください。

学生でも申込みできるキャッシングと学費のための教育ローン

年会費無料のクレジットカードのメリット、デメリットとキャッシング情報の活用

クレジットカードでカードローンのようにお金を借りる方法

サラ金、キャッシングの審査申し込み方法。時間、厳しさなど事前に知っておこう

キャッシング初めて?無人契約機での流れ!電話はかかって来るのか!?

住宅ローンを組む時の注意点!シュミレーションと諸費用把握が大事

主婦がカードローンでお金を借りるときの注意点

外国為替証拠金取引のリスクとリターンについての基本知識

ウェブでキャッシングを申し込むメリット

 

関連コンテンツ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加