女性用ふんどしが静かな流行!締め付けから解放!

スポンサーリンク

2月14日と言えばバレンタインデー!
ですよね、普通。

実はもうひとつあるんです。

なんと「ふんどしの日」なんですね。
2(ふん)、14(どし)、なるほどです。

女性用ふんどしって

あるテレビ番組で特集が組まれてから女性の間でふんどしが流行しています。

ふんどしと言えば太鼓を叩く男性がギュッと締めて大股開いて、という姿を想像してしまいますが全く違う姿もあるようです。

今や女性向けにデザインもかわいらしいふんどしがネットでもたくさん販売されています。

いつから誰が始めたのかは定かではありませんが、今確実にふんどし女子は増えているのです。

でもいったいなぜ女性の間でふんどしが流行ってきたのでしょうか。

女性がふんどしを履く理由

ふんどしと言えばきつく締めるというイメージがありますが、女性用のふんどしはソフトに軽いタッチなのです。

「締める」というよりは「履く」
という感じで身に付けます。

そのためむしろ下着を付けているという感覚が少なく、履いているかどうかわからないというほど開放感があるのです。

従来のパンツやショーツはどうしてもゴムの締め付け感があります。

また、実際に皮膚に食い込んだり血管を圧迫されるので血流やリンパの流れが悪くなって冷え性の原因になったりもしていました。

ところがこれをふんどしに替えてみると何とも言えない開放感の上、血流が改善され冷え性や肩凝りまで気にならなくなったという女性が増えているのです。

最初は抵抗感があって、夜寝るときだけ履いてみたという女性が多いのですが、これが一度履いてみたらやめられないという方が多いのです。

まるで下着を付けていないような感覚で朝までグッスリ眠れたという女性も多いです。

足の付け根の部分を鼠蹊部(そけいぶ)と言いますが、パンツなどのゴムで締め付けていると血流が悪くなり黒ずんできます。

「ああ、そうそう。」と思われた方も多いのではないでしょうか。

ふんどしを着用すると実はこの鼠蹊部に違いが現れてくると感じる方が多いのです。

血の流れが良くなることにより黒ずみが改善されスッキリきれいな肌になったという女性が続出しています。

一番うれしいのが水着になったときですね。
黒ずみが消えた足の付け根をどうぞ見てちょうだい、というハイな気持ちになれますよ。

もうひとつ良い点は足の付け根だけじゃなくてお尻もつるつるになるんです。

お尻はパンツの締め付けのほか、立ったり椅子に座ったりの繰り返しでゴムと擦れ合うことでザラザラになってくるのです。
これも実感している方は多いでしょう。

ふんどしに替えればそれが改善されます。スベスベのお尻、憧れますね。

生理の時はどうすればいい?

通常のナプキンが使えます。
ただし、足の付け根部分にゴムがありませんので横漏れの心配もあります。

初日や経血が多い日などはふんどしを避けた方が良いかもしれません。

上手に使い分けることが大事です。
ふんどしは生理痛にも効果があると言われていますので布ナプキンなどを使用するとよいと思われます。

慣れも大事ですので徐々に使ってみるようにしてはいかがでしょうか。

余談になりますが、昔の女性たちにはナプキンやタンポンといった便利なものはなかったのです。

では昔の女性たちは生理の時どうしていたのでしょうか。

やはり綿や使い古しの布、古い紙を水で浸して叩いて乾かしたもの、農村部などでは藁や草などを軟らかくなめしたものなどを使っていたようです。

それに比べれば今は便利です。
紙ナプキンを使えば裏にテープが付いているのでさらに簡単ですね。

ふんどしの種類

女性用のふんどしはかわいくてオシャレ!
というのが今や常識です。

素材もシルク100%のものやダブルガーゼのものがあり、お肌に優しくとっても履きやすいものが多いです。

デザインももはやふんどしというイメージからは程遠いかもしれません。
いつも履くパンティ型のものが多く、とてもふんどしのようには見えません。

色もピンクやブルー、セクシーなブラックなど様々です。

これなら人に見られても何ともありませんし、彼氏や旦那の前でも堂々と見せびらかすこともできます。

どのふんどしも履き方は簡単です。
布を後ろから前に通して紐を通してあとは結ぶだけですのですぐ履けちゃいます。

それでいて何も履いていないかのようなフンワリした感覚がたまりません。

実はトイレに行った時も簡単なんです。
下に降ろさなくていいんですよ。
紐はそのままで布をはずすだけです。

毎日、いろんなかわいいふんどしを身に着けていると気持ちも軽やかになること請け合いです。

このように女性にとってふんどしは良いこと尽くめのようです。

冷え性や肩凝りを改善してくれ、しかもオシャレ!
一度履いたらやめられないという女性が多いのもうなずけます。

最初は恥ずかしかったり、ちょっと抵抗感があったりするかもしれませんが勇気を出して一度試してみたら手離せなくなります。

今やふんどしはランジェリーです。
ネットショップを覗いてみてください。
とってもオシャレでかわいいふんどしたちがいっぱいあります。

おじさんの下着なんて感覚はなくなっちゃいますよ。

女性向き/美肌復活シルクふんどし。ブルーパープル/フリーサイズしっとりしなやか縮緬シボ生地上質の与謝野町製帯揚げ生地正絹丹後ちりめんシルク100%紐長さ125cm生地丈90cm幅30cm/ウエスト60~88cm可/京都丹後日本製/冷え取り/介護/快眠効果

関連コンテンツ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加