明るく前向きな性格を作り出す方法

スポンサーリンク

性格は生まれつきのものだから直しようがないと思われていませんか?

実はそうでもないんですよ。

今回もなぜか人から人生相談を持ち掛けられる管理人がこの点について勝手に語ってみます。

人は生まれ育った環境に何年も何十年も浸っているわけですから、環境を変えることによって性格もある程度は変えることができます。

そのなかでも物事に対する接し方は比較的簡単に変えることができる要素です。

自分が態度をちょっと変えるだけで済む方法ですからね。
さほど努力を要するものではありません。

そこで物事に対する接し方を変えるためのポイントをまとめてみました。

好きなことから始める

あなたは料理の中で好きなものから食べる派ですか?それとも苦手なものから食べる派ですか?

苦手なものから食べる人は好きなものを最後に取っておいてゆっくり味わいながら食べたいという方でしょうね。

間違いではありません。

人それぞれ、好き好きですから。

しかし、自分を変えようとするなら好きなものから食べる習慣に変えませんか。

これは料理に限った話ではなく、仕事ややるべきことに関しても言えることで、嫌な仕事から入って行くと「イヤイヤ気分」が抜けず能率も悪くなります。

結果、完了した仕事も今一つのできだったり、ミスが目立つ仕事だったりします。

そして本来好きな仕事、得意な仕事に取りかかろうとしても前の仕事の不出来が尾を引き気分が乗らなかったりします。

しかし、好きな仕事や得意な分野から取り掛かればルンルン気分で効率良く進められ出来の良い結果が得られたりします。

そのままの勢いでその後の苦手な仕事もスムースに片付けられたりします。

好きなことから手を着けることは積極性を呼び起こします。

是非心掛けていただきたいものです。

やりたいことから始める

先ほどの話は「好きなこと、嫌いなこと」の優先順位の付け方でしたが、今度は若干違って「やるべきこと、やりたいこと」の話です。

別に嫌いじゃないけどやるべきことがたくさんあってどれから手を着けて良いかわからない、という場合もありますよね。

そんなときはやはり「やりたいこと」から手を着けるべきです。

理由は先ほどと同じです。

やりたいことから始めればエネルギーが充実したまま次の「やるべきこと」に向かえます。

例えばその日のやるべきこととして
掃除、洗濯などの家事
エステ
歯医者
コンビニで公共料金の支払い
友達のバースデープレゼントを選びに行く
などのメニューがあったら何から優先しますか?

もし、時間の制約がないのなら迷わずエステから始めるべきです。

大好きなエステに行って身も心もリラックスして最高の気分になったところで次のto doに進みます。

そうすればセンスの良いプレゼントが選べたり、億劫な家事も手際よく片付けられたり、歯医者の苦手な削り音もやり過ごせたりします。

嫌なことを断る癖を付ける

誰でも頼まれ事をされることはよくあります。

そんなときあなたはどうしていますか?

中には頼まれたら断れない性格の方もいます。

嫌々ながらも応じてしまい、結果、余計なストレスを抱えてしまうんですね。

それはあなたの精神衛生上、決して良いことではありません。

嫌な頼まれ事をされたときにさらりと
「それはできません。ごめんなさいね。」
と言えたらどんなに楽でしょう。

でも世の中にはそういう方も確かにいらっしゃいますよね。

それが正解なんです。

断ったらどうなるんだろうとか、自分が断ったら誰かにこの厄介事が回って行くんだろうとか考えているとどんどんあなたにストレスが溜まっていきます。

実は、世の中では断ったところで大した影響はないという頼まれ事が多いのです。

「また、協力できることがあるかもしれないからそのときは声を掛けてね。」

と言っておけばそんなに角が立つものでもありません。

「ああ、あの人は嫌なことは嫌とはっきり言う人なんだ。」

という人物評が広がるだけのことです。

それで良いじゃないですか。

大して影響はないのですから。

それよりもあなたの体内に負のエネルギーを溜め込まない癖を付けることが重要です。

まとめ

以上のことに気を付けて生活していれば、だんだんと明るく前向きな性格になっていくのではないでしょうか。

一朝一夕に成せるものではありません。

長年馴染んだ性格を徐々に変えようというのてすから。

これもやはり小さなことからコツコツと、ですね。

ま、あまり考え込まないことです。
そこで、植木等「スーダラ節」

それではまた。

関連コンテンツ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加