親子リレーローンとペアローン、メリットとデメリット

2種類の親子ローンがあり、親子リレーローンと、親子ペアローンに分かれます。

はじめは親が住宅ローンを返済し、途中で子どもが返済を引き継ぐというものが、親子リレーローンです。

一緒に親子が住むという前提で、親の連帯債務者に子がなることが、親子リレーローンを利用するには不可欠です。

ローン審査を受けるときに、親子リレーローンの場合は親の収入の範囲なら子どもの収入も合算してれることがメリットです。

親だけ、子だけでローンを組む時よりも借入金を増やすことができますので、家族全員で新しい家に住むことが可能です。

親子リレー返済の中でも、住宅金融支援機構のフラット35で取り扱っているものが注目されています。

さらに一緒の家を買う資金にするために親と子がそれぞれ融資を受けるのが、もう一つの親子ペアローンです。

子が親の、親が子の連帯債務者になるのが、親子ペアローンの特徴です。

リレーローンと異なるのは、親と子がそれぞれ単独債務者になってローン返済をするという点です。

ローンをそれぞれの収入に基づいて利用できるのがペアローンのメリットで、一般のローンよりたくさん借り入れすることも不可能ではありません。

親子の双方が、固定資産税の軽減をはかることができるという利点もあります。

親子ペアローンと親子リレーローン、どちらがいいかを、それぞれの特徴を理解したうえでよく考えましょう。

《他のクレジット、ローン関係の記事》

こちらも参考になさってください。

学生でも申込みできるキャッシングと学費のための教育ローン

年会費無料のクレジットカードのメリット、デメリットとキャッシング情報の活用

クレジットカードでカードローンのようにお金を借りる方法

サラ金、キャッシングの審査申し込み方法。時間、厳しさなど事前に知っておこう

キャッシング初めて?無人契約機での流れ!電話はかかって来るのか!?

住宅ローンを組む時の注意点!シュミレーションと諸費用把握が大事

主婦がカードローンでお金を借りるときの注意点

外国為替証拠金取引のリスクとリターンについての基本知識

ウェブでキャッシングを申し込むメリット

 

関連コンテンツ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加