「青天を衝け」第7回あらすじと見どころ、感想など

スポンサーリンク

「青天を衝け」第7回の副題は「青天の栄一」でした。

まさに青春真っ盛りという感じでしたね。

「青天を衝け」第7回あらすじ

栄一尊王攘夷の思想にあこがれを持ちます。

一方、千代のことも気なるし、まさに青春の悩み多き時代ですね。

老中・阿部(大谷亮平)が亡くなり、幕府は大混乱。

そんな中、慶喜(草彅 剛)を次期将軍に推す声が日ごとに高まり……。

一方、血洗島では、長七郎(満島真之介)が真田(板橋駿谷)に勧められ、武者修行のため江戸へ行くことに。

栄一(吉沢 亮)は、依然、千代(橋本 愛)とぎくしゃくした関係のままであったが、喜作(高良健吾)が千代を嫁にもらいたいと言い出し動揺する。

惇忠(田辺誠一)と藍売りに出かけた栄一は、漢詩を詠みながら山道を歩く中で自分の真の思いに気づき、そびえたつ山頂で……青天を衝く!

感想

栄一の政治に対する思い、千代に対する思いが表現された回だと思います。

後に艶福家として名を馳せた渋沢栄一の純な時代を吉沢亮さんが上手く演じていますね。

将軍家の動きとともに気に掛かるところです。

上白石萌音さんが篤姫を演じているんですね。

どうしても宮崎あおいさんと比べてしまいますね。

いや、彼女なりに演じていただければと思います。

期待していますよ。

「青天を衝け」見逃し配信

毎週楽しみにしていてもついつい忙しくて見逃してしまうことってありますよね。

そんな時はこちらが良いですよ。

「青天を衝け」見逃し配信観るならこちら

ついでに大河ドラマの過去作品を観てみるのも楽しいですね。

独眼竜政宗などの名作がズラリ並んでますよ^^

関連コンテンツ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加