「青天を衝け」第2回(2021.2.21)あらすじ、感想と見逃し配信情報

スポンサーリンク

まだ子役ですね。

大河ドラマは主人公の一生を描くというドラマですから、子供時代も必要と言えば必要なんでしょうけど、一ファンとしては子供時代はそんなに描いてもらわなくて結構なんですけどね。

子役の甲高い声は苦手です(^^ゞ

「青天を衝け」第2回(2021.2.21)あらすじ

あらすじ

栄一らが楽しみにしていた村祭りが大人の事情で中止になり、獅子舞を踊ることができなくなる。

しかし、栄一たちはある計画を思いつく。

一方、一橋家の養子に入った七郎麻呂は慶喜と名を改め、将軍・家慶から実子のようにかわいがられていた。

実父・斉昭は密かに政界復帰をもくろむ。

その頃、ペリーが日本にやってくる・・・

「青天を衝け」第2回(2021.2.21)感想

まあ、まだ序盤ですからこんなもんでしょう。

何かやたら明るい雰囲気ではあるような気がします。

ややもすれば“軽い”印象を受けるような。

いや、次回からが本番と思いましょう。

そう言えばネットに渋沢栄一は相当な女好きだったという話が出てました。

それはNHKでは描くんでしょうかね!?

「青天を衝け」見逃し配信

毎週楽しみにしていてもついつい忙しくて見逃してしまうことってありますよね。

そんな時はこちらが良いですよ。

「青天を衝け」見逃し配信観るならこちら

ついでに大河ドラマの過去作品を観てみるのも楽しいですね。

独眼竜政宗などの名作がズラリ並んでますよ^^

関連コンテンツ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加