「白夜行」東野圭吾 あらすじと感想、読み所など

スポンサーリンク

点と点が繋がる壮大で悲しいミステリー小説「白夜行(作者:東野圭吾)」

東野圭吾のファンとなった作品が白夜行です。ドラマと映画で実写されている大人気小説で、東野圭吾の代表作です。長編で分厚い小説なので読むのに苦労しましたが、徹夜するぐらいハマりました。

白夜行 (集英社文庫) [ 東野圭吾 ]

白夜行のあらすじ

大阪で質屋のオーナーが殺されました。
犯人が見つからないまま19年が過ぎ、その時の事件が解き明かされようとしています。

そして、その事件の悲しすぎる真相と少年少女の歩んできた白夜の道までも解き明かされようとしています。

質屋殺しの犯人は?何があったのか?か、点と点が繋がってストーリーになっていきます。

白夜行の感想

白夜行は大きな見せ場があまりなく、淡々と物語が進んでいきます。

大阪の質屋殺しにしても、少女が危険な目に遭う場面にしても、謎が多くてドカンとした山場はありません。

ぶっちゃけると、最初は超つまんない小説だと思ってしまいました。

ただのミステリー?と思って読んでいると、関係ない事件や関係ない描写が出てきます。

どういう事?と思っていながら読んで行くと、東野圭吾ワールドに突入していきます。

気づいたらハマってたって感じです。

読むのを辞められなくなり、最後にドカンと真相が分かります。

白夜行の読み所

あえて言うなら、真相が分かった時が一番の見所だと思います。

なるほど!とスッキリします。

しかし、スッキリだけで終わらせないのが白夜行なんです。

真相が分かったら、なんでそこまでして支えるの?
雪穂(作品のヒロイン)って酷くない?とか思い始めます。

それを考えていくと、雪穂が生まれ育った環境や亮司(作品の主人公的な男性)の純粋な気持ちが分かってきて、悲しい話だなと感じます。

そして、白夜行の意味が分かって泣けてきます。

本当は見所や感想を詳しく書きたいのですが、書いてしまうとネタバレになってしまうので書けません。

だけど、絶対に読む価値ありの小説です。

亮司と雪穂の接点は全くなく、客観的に書かれてるのがまた素晴らしいです。
強い絆で結ばれた2人が接点を隠しながらそれぞれの生活をし、関わっているのがすごいです。

こういう小説の書き方もあるんだなと思いました。

ちなみに、綾瀬はるかさんが主演だったドラマは小説をかなりリメイクしています。

白夜行の世界が良く分かりますが、原作の方が悲しい物語です。

映画は堀北真希さんが主演で、原作に近い作りです。

しかし、平成を代表する美女を持ってしても雪穂の美しさや強さは出せていません。

原作のストーリーは、それほど深い話です。

【その他おすすめの暇つぶし本】

「スイッチD」山田悠介

「架空通貨」池井戸潤

「最悪」奥田英朗

「空手道ビジネスマンクラス練馬支部」 夢枕獏

「国境」黒川博行

「ビター・ブラッド」雫井脩介

「ルパンの消息」横山秀夫

「さまよう刃」東野圭吾

「ダイイング・アイ」東野圭吾

「赤い指」東野圭吾

「白夜行」東野圭吾

「カリスマ」新堂冬樹

関連コンテンツ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加