2020.9月の王様のブランチBOOKランキングまとめ

スポンサーリンク

2020.9.26王様のブランチ「BOOK」ランキング

と言いながらランキングはありません。

で、以下のアニバーサリーブックが紹介されていました。

神木隆之介25周年アニバーサリーブック
『おもて神木/うら神木』
柳楽優弥アニバーサリーブック
「やぎら本」

どちらも売れっ子俳優ですね。

数々のCMに出演している神木隆之介さん、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で頭(かしら)役で人気を博した柳楽優弥さん。

注目本です。

2020.9.19王様のブランチ「BOOK」ランキング

ランキング外ですが紹介コーナーで取り上げられていた

彩坂美月さんの「向日葵を手折る

興味を惹かれますね。

ある閉鎖的な村で起きた奇怪な事件。

向日葵(ひまわり)の花が首から下を次々と切り落とされていく。

子供たちは「向日葵男がやった」と噂し始めるのだが・・・

慟哭必至の青春ミステリとの評価が高いです。

是非読んでみたいですね。

1位 本好きの下剋上〜司書になるためには手段を選んでいられません〜 第五部「女神の化身Ⅲ」
香月美夜/TOブックス
2位 行った気になる世界遺産
鈴木亮平/ワニブックス
3位 少年イン・ザ・フッド 1
SITE/扶桑社
4位 恋愛&婚活以前の男のトリセツ
神崎メリ/マガジンハウス
5位 ここ日本言うてな
カルマ/KADOKAWA
6位 ニューコンセプト大全 仕事のアイデアが生まれる50の思考法
電通Bチーム/KADOKAWA
7位 20代を無難に生きるな
永松茂久/きずな出版
8位 すべての瞬間が君だった きらきら輝いていた僕たちの時間
著:ハ・テワン 訳:呉 永雅/マガジンハウス
9位 明け方の若者たち
カツセマサヒコ/幻冬舎
10位 人は話し方が9割
永松茂久/すばる舎

2020.9.12王様のブランチ「BOOK」ランキング

芥川賞作家、金原ひとみさんの作品が紹介されていました。

fishy

3人の女性が定期的に集まって飲んだり食べたりしながらおしゃべりすることを習慣化しています。

でも、心の内ではそれぞれほかの二人のことが好きではない、という表と裏の付き合い方をしているのです。

不倫されてる女、不倫している女、空気を読まず思ったことを何でも口にする女、彼女たちが織りなす人間模様とは・・・

おとなの「女」を描いたら何が見えてくるのでしょうか。

面白そうですよ。

1位 愛させ力 恋も結婚も!イイトコドリするたった1つのルール
中谷さや/大和出版
2位 「育ちがいい人」だけが知っていること
諏内えみ/ダイヤモンド社
3位 楽園の烏
阿部智里/文藝春秋
4位 私は私のままで生きることにした
著:キム・スヒョン 訳:吉川南/ワニブックス
5位 心は孤独な狩人
著:カーソン・マッカラーズ 訳:村上春樹/新潮社
6位 がんばりすぎたきみ。きょうは、うんと休みすぎようね。
もくもくちゃん/大和書房
7位 四畳半タイムマシンブルース
著:森見登美彦 原案:上田誠/KADOKAWA
8位 一人称単数
村上春樹/文藝春秋
9位 自分の薬をつくる
坂口恭平/晶文社
10位 明け方の若者たち
カツセマサヒコ/幻冬舎

2020.9.5王様のブランチ「BOOK」ランキング

4位に三浦春馬さんの「日本製」が登場してますね。

衝撃の急逝から三浦さん関連書籍はどれも売り上げを伸ばしています。

なかでもこの作品は写真集でもなければエッセイ集でもないのですが、三浦春馬さんが「和」にこだわって気になるものを紹介している本で三浦さんの趣味や大げさに言えば人生訓などもうかがい知れる作品として注目されています。

当方も三浦春馬さんに関しては気になるCMについて書いていますのでよろしければどうぞ。

三浦春馬死亡で桜井日奈子から引き継いだグロップCMはどうなる!?

ではランキングです。

1位 四畳半タイムマシンブルース
森見登美彦/KADOKAWA
2位 『ユリイカ』9月号「特集*女オタクの現在」
青土社
3位 一人称単数
村上春樹/文藝春秋
4位 日本製
三浦春馬/ワニブックス
5位 楽園とは探偵の不在なり
斜線堂有紀/早川書房
6位 愛されなくても別に
武田綾乃/講談社
7位 赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。
青柳碧人/双葉社
8位 絶景本棚 2
本の雑誌社
9位 アスク・ミー・ホワイ
古市憲寿/マガジンハウス
10位 昨日星を探した言い訳
河野裕/KADOKAWA

関連コンテンツ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加