川崎市の住みやすさ検証!買い物は便利、交通、病院、教育事情はどうか?

スポンサーリンク

川崎市は、神奈川県の北東部に位置する政令指定都市ですね。

神奈川県の北東部、県の最東端に位置し東京都と横浜市にはさまれた細長い市域です。

7つの行政区に分かれ、人口は152万人を誇る都会です。

そんな川崎市の住み心地はどうなんでしょうか。

住みやすさ、暮らしやすさをいろいろな視点から検証してみました。

川崎市の買い物利便性は!?

川崎市は歴史がある地域です。

また、買い物の利便性が高い地域ですね。

その中でも昨今の川崎駅付近の開発状況を見れば確実に無視できないのが「ラゾーナ川崎」と言えます。

ラゾーナ川崎は何と言っても川崎駅から直結しておりますので、例え雨の日でも雪の日でも洋服を濡らす事なくに辿り着く事ができます。

LazonaKawasakiPlaza NorthView.jpg

(出典:wikipedia ラゾーナ川崎)

そして何と言ってもラゾーナ川崎のメリットとしては「生活に必要な物が何でも揃える事ができる」と言う事が言えます。

例えば家電量販店で有名なビックカメララゾーナ川崎店、また雑貨品であればロフトや無印良品が入っています。

また食料品に関してはスーパー三和が入っております。

このように普段の暮らしに欠かせない物を始めとしてファッション品についても都内の一流百貨店に負けない位のブランドが揃っているのです。

その上、外食系のテナントやフードコートも充実しておりますので小さなお子様がいらっしゃるご家庭の皆さまでも楽しめる施設になっています。

このようにラゾーナ川崎はとても利便性が良い店舗だと地元の人たちから評価されています。

川崎市の交通の便は!?

川崎駅はとっても交通の便が良く特にメインとなる川崎駅については2駅4路線を使う事ができる上に都心や空港へのアクセスも良い駅ですね。

(出典:wikipedia川崎駅)

具体的にはJR川崎駅については東海道線、京浜東北線、南武線が利用でき、東海道線を使えば品川まで9分、東京まで19分で行く事ができるのです。

また京浜急行に付きましては羽田国際線ターミナルまでは14分ですので海外旅行に行く際も便利なのです。

川崎市の病院は!?

川崎市を代表する病院に「川崎私立川崎病院」があります。

昭和41年間12月19日に条例第42号に基づいて設置された市立病院です。

病床数は713床と大規模と言えます。

(出典:川崎私立川崎病院)

アクセスは川崎駅並びに京急川崎駅から徒歩15分です。

また川崎駅から病院直通のワンコインバスもあり、7~8分で到着することができますので便利ですね。

川崎市の教育事情は!?

川崎市の保育園等への待機児童数は平成31年度で14人となっています。

約3万3千人がほぼ入園していますので、なかなか優秀と言えるのではないでしょうか。

子育てに不安がないかどうかは暮らすうえで重要なポイントですからね。

目を転じて、高校教育を見てみます。

川崎市の有名な高校と致しましては「神奈川県立多摩高校」があります。

川崎市にある公立高校ですが、昭和31年に開校いたしまして60年以上の歴史があります。

通称で「多摩高」とも呼ばれています。

1、2年で基礎学力を固める為に学校外のシステムも活用していて3年の受験に十分余裕を持って準備できる様にしています。

またカリタス女子高校という学校もあります。

私立で中高一貫となる女子校です。

創立から50年も経つ歴史がある女子校です。

カナダのケベックカリタス修道女会が母体となってるんですね。

特徴は「教科センター方式」を採用しておりますので科目毎に環境が整備された
教室で授業を受ける事ができます。

このようにいろいろな側面から見てみますと川崎市はなかなか住みやすい街のようです。

転居の際のご参考にしていただければ幸いです。

関連コンテンツ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加