横須賀市の住みやすさを紹介!買い物、教育、交通利便性はどうかな

スポンサーリンク

横須賀市は歴史的にも有名な都市です。

何故なら、横須賀は江戸時代末期に黒船が現れた開国の地だからです。

開港から軍港まで、脈々と刻まれた歴史・文化など魅力あふれた地域です。
観光地としても有名ですし、一度は住みたくなる都市です。

山口百恵さんの「横須賀ストーリー」でも有名ですね。

どこかはすっぱなイメージが郷愁をそそる横須賀はどんな街なのでしょうか。

その住みやすさ、暮らしやすさを検証してみました。

横須賀市の主婦はどこで買い物をする!?

横須賀には買い物に便利なスポットが幾つかあります。

それでは横須賀の主なショッピングセンターを挙げてみましょう。

ショッパーズプラザ横須賀は京急汐入駅から徒歩5分で行けます。

建物は5階建て、1階から4階はイオンと専門店が入っています。

最上階の5階にはゲームセンターなので買い物と遊び、両方満喫できます。
フードコートでは食事が楽しめるし、休日にはかなり混んでいます。

横須賀モアーズシティは横須賀中央駅からすぐです。

公共交通からのアクセスは抜群のショッピングセンターでしょう。

仕事や学校帰りに気軽に立ち寄れるというのも嬉しいところです。

暑い日でも雨でも天候を気にせずショッピングを楽しめます。

ニトリ、ユニクロ、無印などの各種店舗が入っているので品揃えも充実しています。

ほかにも様々なショッピングセンターがあり、利便性はとても高く買い物も楽しくなります。

横須賀市の交通の便は!?

横須賀は観光地なので、交通はかなり整備されています。

横須賀市内ではJR横須賀線と京浜急行線が走っていますが、鉄道は市東部を中心に整備されています。

そこで、西部はバス、自家用車に頼ることが多いですね。

バスは三浦交通(株)が市内まで路線拡大しています。

市内には有料道路が3路線あります。

横浜横須賀道路、本町山中有料道路、三浦縦貫道路です。

さらに横須賀はご存じ港町です。

東京湾フェリーは久里浜と南房総・金谷を結んでいます。

「しらはま丸」と「かなや丸」の2隻で1日14往復又は12往復就航しています。

横須賀市の病院事情は!?

住むならやっぱり、病院情報も押さえておきたいですね。

大きな病院は幾つかあります。

そのうちのひとつ、「横須賀共済病院」は元々は海軍病院だったそうです。

現在は癌に対する手術件数は神奈川トップ3に入ります。

2011年3月23日、神奈川DMAT指定病院に指定されています。

地図

(出典:横須賀共済病院)

その他総合病院として

横須賀市立市民病院

衣笠病院

横須賀市立うわまち病院

湘南病院

自衛隊横須賀病院

聖ヨゼフ病院

などがあり、医療機関は充実していると言えるでしょう。

横須賀市の教育事情は!?

横須賀市は学校も充実しています。

中でも注目されるのは防衛大学の存在です。

ここでは、将来、陸・海・空 各自衛隊の幹部自衛官になるための教育が施されています。

入学すれば、学生にも拘らず「自衛官」待遇になります。

しかも、「学生手当」の名目で給与が支給されるんですね。

また、偏差値の高い高校では

追浜(おっぱま)高等学校 公立、共学

横須賀高等学校 公立、共学

(出典:神奈川県立横須賀高等学校)

横須賀学院高等学校 私立、共学

などが挙げられます。

横須賀市は歴史も古く、今も昔も海外の窓口として繁栄しています。

魅力あふれた街だからこそ沢山の人が生活をしているのでしょう。

関連コンテンツ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加