広島市の住みやすさを買い物、交通、病院、教育事情から考える

スポンサーリンク

広島市は中国、四国地方最大の都市で人口117万人を擁します。

近年、山間の地区では豪雨災害なども頻発していますが、全般的に住み心地はどうなんでしょうか。

広島市の買い物利便性は!?

広島でお勧めのスーパーの一つ目は「フレスタ上天満店」になります。

フレスタ上天満店

(出典:フレスタ)

この店舗は広いので車で来た場合でも130台まで止める事ができます。

特徴としてはとても品揃えが充実しておりワイン好きの方には必見で本格的なチーズも沢山揃っています。

また、お酒や鮮魚、お惣菜にも力を入れて入れておりますのでフレスタが自信を持ってよりすぐった商品が陳列されています。

場所は広島市西区上野天満町10番37号で営業時間は9時~23時迄となっています。

また電車でのアクセスは観音寺駅、天満町駅から徒歩5分という便利の良い場所にあります。

その他、フレスタは広島市内に28店舗あります。(2020年2月現在)

広島市民の台所を支えていますね。

二つ目は「ゆめタウンみゆき」になります。

この店舗の特徴は食品のみならず生活用品や衣料品迄を揃える事ができるスーパーであるということです。

また、レストランやフードコート、クリニックや英会話教室もあります。

一階の食品フロアはディスカウントタイプのスーパーになっていますのでファミリー層にも人気があります。

営業時間は9時半~22時までとなり、場所は広島市南区字品西6丁目7-14です。

尚、電車で行かれる場合には「字品五丁目電停」で下車し徒歩7分です。

ゆめタウンは株式会社イズミが展開しているスーパーで関連店舗を含め、広島県内外で112店舗を展開しています。

こちらも広島市民にはおなじみのお店ですね。

広島市の交通の便は!?

交通の便を考えた広島市内で暮らす場合のお勧めエリアは「広島市中区」になります。

それは広島市のビジネスや商業の中心が中区にある紙町、八丁堀エリアになるからです。

このエリアには官公庁や銀行の本店を始めとしてデパート、地下専門店等の商業施設が集まっています。

また中心部から少し離れると戸建てやマンションなど住宅街が並ぶ閑静なエリアになっています。

広島市に住んだ場合にクルマ以外の主な交通手段はバスか路面電車になります。

その点から見ても中区には主要路線が多く通っておりまして新幹線を使う場合には広島駅までのアクセスも良く、市内南部に位置する宮島口や広島港迄のアクセスも可能です。

そして大学や短大が多い安佐南区エリアにおいても第三セクター路線となる「アストラムライン」を使えば移動が可能です。

広島市の病院事情は!?

広島市内の有名な病院には「広島市民病院」があります。

この病院は中区にあります。

アストラムラインを使えば県庁前駅からでも徒歩5分間位の場所にあるので利便性が良い場所にあります。

また救急外来もありますので急な対応も行ってくれます。

病院内にはローソンがあったりドトールコーヒーも入っておりますので軽い軽食も摂ることができます。

また「池上内科胃腸科小児医院」も人気がある病院の一つです。

広島市安佐区西原にありまして特徴はとっても温厚な夫婦が経営をしていると言う事です。

例えばお子様がインフルエンザにかかり予防接種を受けに行くと、通っている学校のインフルエンザ状況だけではなく近隣の小学校の感染状況はどうなっているか?等も教えてくれたりもします。

また他の病気にかかった時にも以前受診した時の事を覚えていてくれたり注射の後には「痛いのによく頑張ったね」と褒めてくれたりします。

子供たちも安心して掛かることができますね。

広島市の教育事情は!?

広島市における保育園等への待機児童数の推移を見てみますと、

平成27年度 66人

平成28年度 161人

平成29年度 93人

平成30年度 63人

平成31年度 36人

となっており、行政も苦戦している様子が窺えます。

しかし、直近の平成31年度が36人と前年度に比べ約60%となっていますのでかなり努力しているようです。

働く若い世代の方々には広島市の住みやすさを考えるうえでの一つの指標になるかもしれませんね。

関連コンテンツ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加